勉強法

英単語覚えるコツは「1日も休まないこと」 習慣化しよう!

「英単語を覚えるのって、億劫!」と感じている人はいませんか?

新しい単語は、発音を理解するのが難しいものもありますし、意味が複数あって「どうやって覚えればいいの?」とさじを投げたくなる単語もあります。

覚えるという行為自体が苦手な人もいるでしょう。

でも、毎日覚えることを習慣化してしまえば、新しい単語を見に着けることは苦ではなくなっていきます。

私は勉強が大の苦手。暗記科目は大ッキライでした。

そんな私が続けている英単語の勉強法は、とっても簡単。

毎日やる。

それだけです。

英単語覚えるコツは「1日も休まないこと」習慣化しよう!

習慣化することを意識して

新しい英単語に触れることを習慣化しましょう。
気が向いたときだけや、やる気があるときだけやると、習慣化はできません。

継続は力なりだと言いますが、いかに習慣化できるかのコツをつかむことが大切だと思います。

少しでもいいから英文に触れる

短文でもいいので英文に触れましょう。
英単語帳にある例文を3文音読するだけでもいいです。

これを毎日続けてください。
毎日続けるとどんな変化が生まれるか。

毎日続ける人・・・以前覚えた単語の復習ができる。毎日触れることで、定着が早い。忘れていたとしてもその日に復習ができる。

ときどきやる人・・・以前覚えた単語を忘れていることが多いので、「なかなか覚えられない」と毎回イヤになる。

毎日やっていると、昨日覚えたハズの英単語を忘れていても今日また覚えなおせばいいので、精神的負担が少ないです。

ときどきやる場合は、「あれ、前回覚えたつもりだったのになぁ、また忘れてるよ、もう英単語勉強するのイヤだ」となり、勉強そのものが嫌になりますし、「私、やっぱ英語向いてないんだわ」と向き不向きで判断をしてしまいがちです。

こうなってしまうと、英語がキライになったり、苦手意識を持ってしまいます。

とにかく、毎日やる。とにかく毎日英文に触れる。これだけです。

重要ポイント!単語の意味を忘れているという事実は、無視する

毎日英単語を覚える際に、前日勉強した単語を覚えていない事実を真正面から受け止めてはいけません。

忘れていた場合、は”忘れている”という事実を無視しましょう。

ポイント

正しい姿勢・・・あれ?意味なんだっけ?ま、いいや、今日また覚えればいいよね。
ダメな姿勢・・・うわぁ~、昨日覚えたハズなのに忘れてるよ。ほんとに私ってダメだなぁ。

忘れたことに対して目を向けてはダメ。
なぜなら絶対に、ガッカリするから。。。そのガッカリ感はモチベーションにはつながりません。

一日に覚える英単語の数は、少なくてOK

張り切りすぎて、「毎日単語○○個覚える!」と高い目標は立てないほうがよいです。
私の場合、一日あたり1個から8個、というペースでやっています。
そう一日1単語でもいいんです

良い計画・・・一日ひとつでも覚えられればOK。そしたら1年で365個も覚えられるもんね♪
悪い計画・・・前日の単語も覚えられてないのに、また新たに10個も覚えなきゃ。。。仕事で疲れてるし無理~!

私は一月で30個も新しい単語を覚えたら、かなりすごいと思っていますし、それで十分だと思います。

習慣化するには、その行動を何かとリンクさせよう


やる気があるときはいいけど、仕事の激務で疲れている、学校でヘトヘト、、、そんなときは「やる気」は起きませんよね。

習慣化を無理なくする方法

すでに習慣化していることにリンク付けるとよいです。
たとえば、「歯を磨く」「顔を洗う」「お風呂に入る」「食器を洗う」「ストレッチをする」など、毎日必ず行う行動ってありますよね。

それと英単語を覚えるのをリンク付けてしまいます。

たとえば・・・

歯を磨き終わったら単語を3つ読む。

お風呂から出たら、単語を音読する。

食器を洗ったら、例文を読む。

私は歯を磨き終わったら、英文を音読します。口の中がミントで爽やかになった状態で、英文を声に出して読みます。

歯は朝と夜の2回磨くので、2回音読することになりますね。

歯を磨いたという行動の後に音読をするというよりかは、口の中がさっぱりして気持ちがいい状態と、英文を音読することをリンク付ける感じです。

こうすることで「口がさっぱりしたら音読をしたい!」という気持ちになります。

もうすでに習慣化していることと、英単語学習をくっつけしまうと、習慣化するのはそんなに難しくありません。

玄関に単語帳を置いて、「靴を履くたびに英文を5回音読」というルールなんかもいいですね。

覚えた英単語を披露する場所を毎週つくる

英単語は、覚えても使わなければ忘れていきます。

そもそも何のために覚えるかというと、使うためですよね。

自分のものにするには、実際に使ってみると覚えが早くなります。

もし英会話レッスンに通っているなら、フリートークの時間に覚えたい単語をあえて使った会話をしてみましょう。

仕事で使うなら、使えそうな場面を想像して使ってみます。

今週は「implement(実行する)」を覚えたいから、木曜日の会議で使うぞ!と決めて、実際の文章を作成します。

We are going to impliment plan A next week. (来週Aプランに着手しようと思います。)

これを実際に使って見ましょう。実際使うと、もうimplementは自分にとって普通に使う単語になっていますよ。

実際に使ってみて、ちゃんと通じていると「勉強したばかりの単語がちゃんと通じた!」と喜びにもつながります。これが次の勉強へのモチベーションにもなるんですよね。

もし、使う場がない方は、英語で日記を書いてみましょう。そこで自分が書きたい内容に、覚えたい単語を使用すればOKです!

私は英語の音読を5年以上しています。海外の友達とワイワイ話をしたいし、ドラマや映画だって字幕なしで観たい!だから今日も明日も英単語の勉強を続けます。