英会話スクール

英会話スクール テキスト使い倒し!~効き目バツグン スクール活用術~

英会話スクールの授業料って結構高いですよね。その授業料に見合った英語力は身についていますか?今回は、簡単で誰でもできる英会話スクールの活用術をお伝えします。

私は以前、英会話学校で講師をしていました。さまざまな生徒さんに出会ってきましたが、会話力がグンと伸びる人と何も変わらない人がいました。会話力がUPする人とそうでない人の違いはなんでしょうか?

成長する生徒さんの特長と、私自身が高校生の時に英会話スクールで実践していた会話力を身に付ける方法をお伝えします。これを知るだけで、みなさんのレッスン時間が充実すること間違いなし。初級の方でも安心。誰でも始められる簡単なテクニックです。

テキストを使い倒せ!

今回はテキストの使い方。テキストを使いこなすことで、今通っている英会話レッスンをさらに価値あるものにしましょう!

スクールでは、通常、入会時にテキストを購入します。支払い明細に、テキスト代が明記されている場合もあれば、レッスン料に含まれていて明記されていない場合もあります。テキスト代は、結構高い場合が多いです。ちょっと割高だなぁと感じることもあるでしょうし、ギョッとする値段の時もあります。
グループレッスンの場合、テキストは強制購入の場合がほとんどだと思います。なので、「高いから購入しません」という選択肢は与えられず、強制的に購入せざるをえません。

高いお金を払って購入したテキスト、開くのはレッスンのときだけになっていませんか?せっかくならこのテキストを使いこなして、レッスン料以上の英語力を手に入れてしまいましょう。

テキストの使い方はいろいろあります。いくつかご紹介しますので、ひとつだけやってみてもよし、組み合わせてもよし。自分に合ったものをぜひ試してみてください。

音読しよう!

スキットを音読しましょう。できれば、口が滑らかに動くようになるまで練習できるよとよいです。

慣れない英文を始めからスラスラ読める人は多くありません。なので、初めはゆっくりと自分のペースで読んでみましょう。

読み方や発音がわからないことがあると思いますので、音声も聞きましょう。

音読の回数ですが、10回程度でOK。長くない会話なら、時間はかかりません。
私が学生の時にスクールに通っていた時は、自分が気持ちよく流れるように読めるようになるまで音読していました。

音読をするのにオススメのタイミングは、レッスン前です。予習として行うのがベスト。事前に練習をすることで、レッスン時の理解が深まります。

スキットを丸覚え!

音読に慣れてきた方や、もうワンステップ上を目指す方は、暗記しましょう。

一字一句覚えてしまいます。テキストを見ずに言えるようにします。
丸暗記に意味があるか疑問に思う方もいるかもしれませんが、絶大な効果があります。表現や慣用句の使い方は文章ごと覚えてしまったほうが、単語やイディオムを単体で覚えるより感覚が身につきやすいです。

またレッスン中に会話を読んでいるだけでは、会話はできるようにはなりません。覚えてしまうと、単語を入れ替えるだけで、様々な表現ができるようになります。

単語を覚える!

単元に出てきた単語は全部覚えましょう。

まず必須なのはスキットに出てくる単語。知らないものがあれば全部覚えましょう。それから単語の入れ替え練習などで他の単語の説明などが載っている場合、それも覚えます。
自分の生活で使えそうな単語が多く載っていると思います。それらは身に付けやすいので覚えてしまいましょう。

ちなみに、どのタイミングで覚えるかですが、レッスン前の予習として覚えてしまうと、より効果的。なぜなら、レッスン中に実際使うことで実践できるからです。

私は生徒としてスクールに通っていた時、自分が使いそうな単語はすべて暗記するようにしました。当時学生だったため、なじみのないビジネスの単語は無視していました。このように、ただ全部覚える必要はなく、自分にとって必要な単語を選別して覚えると、負担が少ないですし、なにより、身つきやすいですね。

シャドーイングにチャレンジ!

音声を聞きながらまねていく方法です。シャドーイングは通訳の勉強法としても取り入れられている方法です。

やり方は、英語の音声を聞き、1秒遅れほどでマネていきます。このときテキストは見てはいけません。

初めは英語の速さについていけないかもしれませんね。口がもつれてなかなかうまくできないかもしれません。でも大丈夫。できる範囲でやれるようにしましょう。
音声によっては、ゆっくりバージョンが作成されていることもあると思うので、そのようなゆっくりペースのものを使うのもOK。

慣れるまではすごく疲れると思います。5分間でもいいので毎日集中してやってみると効果が出てきますよ。

問題を解こう!

テキストにクイズや問題がついていたり、別冊で練習問題がついているときは、すべて解きましょう。宿題になっていなくても手を付けてください。これをやるのとやらないのでは、定着に大きな差が出ます。問題を解くときは、声に出しながらだとより良いですね。

やれるものから、やってみよう!

いかがでしたか?これならやれそうと思えるものはありましたか?

まずは一通り試してみて、続けられそうなものがあれば一つでもいいから実践してみてください。

ちなみに、これらをやるベストなタイミングがあります。それはレッスン前の予習としてやってみること。予習ができると覚えた単語やフレーズをレッスン中にたくさん使うことができます。そうすると、覚えが非常に早くなります。

以上が超オススメ、テキストの使い方です。せっかく高いお金を払って購入していますから、使わないことにはもったいない!コースが終わるころにテキストがボロボロになっていれば、あなたの英語力は確実に伸びているはずです!