フレンズ

フレンズで英語!I’m with you.(賛成です)S1E9

アメリカドラマの「フレンズ」で英語を学ぼう!

「フレンズ」は、世界中の英語学習者から高い支持を得ているドラマです。
海外ドラマは英語学習にピッタリ。

「フレンズ」が英語学習におすすめな理由はこちら。

・活きた英語を学べる
・リスニング力を伸ばせる
・一人で学習できる

特に、「いろんな表現を身に付けたい」「リスニング力をつけたい」と思っている方におすすめです。

この記事では、1エピソードから日常会話で使えるフレーズを3つピックアップ。

私は、英会話講師をしたり海外のグローバル企業でマネージメント業務をしたり、英語を日常的に使用しています。私は英語ができるようにするために、海外ドラマを見まくるという勉強法を採用していました。ドラマを使った勉強は、10年以上続けています。ドラマを見ながら使えそうなフレーズをピックアップして実際の会話で使うようにしています。ドラマって楽しく勉強できるので、続けることができるんですね。単語の勉強などをサボる日はありますが、ドラマは毎日必ず見ています!

「フレンズ」を視聴するには、動画視聴サービス、DVD購入/レンタルなどいくつか方法があります。動画視聴サービスなら、スマホやタブレットで外出先でも見れちゃうのでおすすめ。場所を選ばず勉強できます。

U-NEXT(31日間のお試し期間は無料!)
Hulu(2週間のお試し期間は無料!)
NETFLIX(1ヶ月のお試し期間は無料!)
アマゾンprime video(エピソードごとの購入もできる)
DVD購入

動画視聴サービスには無料体験があるので、試して見て自分に合った視聴方法を選びましょう!

U-NEXT

フレンズで英語を学ぼう

すぐにでも使えちゃうフレーズを3つピックアップしました!実際に使って見て、どんどん英語を身につけましょう。

I’m with you.(賛成です)

I’m with you.は「私はあなたと一緒にいます」という意味です。
もし相手の意見にに対して”I’m with you.”と言ったときは、「あなたに同意見です。」という意味になります。
“I agree with you.”と同じ意味です。

ビジネスでも使用が可能。”I agree with you.”ばかり使用しているなら”I’m with you.”も使ってみてください。

Jess: We should go plan B.(第二案でいくべきだと思うんだよね。)
Kate: I’m with you.(賛成です。)

My entire family thinks I have V.D.(家族全員が俺のこと性病持ちだと思ってるんだよ。)

出来るだけ使いたくないフレーズですね。
エピソード9ではV.Dという単語がキーワードとして出てきます。
V.Dとは性病のこと。venereal diseaseの略語です。

familyの前にentireをつけると家族全員ということができます。

Bob: My entire family thinks I have V.D.(家族全員が俺のこと性病持ちだと思ってるんだよ。)
Pena: How come? (なんで?)

I’ve go to see this.(見なきゃ!)

直訳をすると、「私はこれをみないといけない」となります。
つまり、「見なきゃ!」「見たい!」という表現になります。

Jane: Look! Will Smith is dancing on the street!(見て!ウィル・スミスがストリートで踊ってる!)
Ron: Oh, I’ve go to see this!(見たい!見たい!)

「フレンズ」には便利な表現がいっぱい!フレーズを3つピックアップしましたが、使える表現は他にもたくさん登場しています。
「フレンズ」で楽しみながら英語力のレベルアップをしましょう!

hulu