フルハウス

英語でフルハウス1 エピソード4

海外ドラマ「フルハウス」で日常会話をゲットしよう!
シットコムの定番「フルハウス」。毎回ドタバタ劇を演じるタナー家ですが、家族愛や友情がぎっしり詰まったハートフルなドラマです。ストーリーの展開が複雑ではないため、英語で視聴するにはハードルは低め。キャラクター設定がわかりやすいのもGood。各登場人物の定番セリフもあり、これが聞き取れればシットコムを見て笑っているあなたがいるはず!
毎日1エピソードから使える表現を3つピックアップして、意味や使用例とともにお届けします。

S1E4 英語でフルハウス エピソード4見どころは?

フルハウスでは様々な動物が出てきますが、今回初めて動物が登場。この動物をめぐって家族愛がはぐくまれます。また、ダニーたちにとってサプライズな登場人物も出てきます。家族構成が見えてきて、ダニー、ジェシー、ジョーイにどんどん親近感が沸いてきます。タナー家のいつもの騒がしさに輪をかけた今回のエピソード。メインキャラクター以外の登場人物によって、面白さアップです。

I love this amphibian. 最高だよ、この両生類。

バイクで外出していたジェシーが、交通事故に合いそうになります。しかし、命の恩人が現れ事故を回避できたようです。そこでジェシーは、自分を救ってくれたという命の恩人を連れて帰ってきます。その命の恩人とはなんと立派なカメ!

Jesse: I love this amphibian. (最高だよ、この両生類。)

amphibianは両生類という意味です。カメのことを指してamphibianだけでなく他の表現も使用されています。

turtle:カメ
reptile:爬虫類

I love this amphibian.は使用することは少ない(もしくはまったくない)と思いますが、このエピソードで何度も出てくるフレーズなので、せっかくだから覚えちゃいましょう!主語が変わったりしますが、この単語は全部で5回出てきます。全部聞き取れましたか?

I love ○○.という表現はおなじみですね。愛しているとか大好きという意味です。loveは何かを最高だよ!と表現したいときにも使用できます。

使用例
A: I love Mission Impossible. I love Tom Cruise! (ミッション:インポシブル最高。トム・クルーズ大好き!)
B: Me, too! (私も!)

You are so right. まったくその通りよ。

家が散らかり放題で、ちゃんと掃除をしようとしないダニーたち。家事がきちんとできない息子たちを見張るために、ダニーの母親がある提案をします。それに対してジェシーの母親が賛同します。

Jesse’s mom: You are so right. (まったくその通りよ)

You are right.も「その通り」という意味ですが「so」をつけることで、賛同する気持ちが強まります。

使用例
A: He should not treat you like that! You deserve better. (あなたは彼からそんな風に扱われるべきじゃないわ。もっと優しくしてもらわないと。)
B:You are so right. I should talk to him. (そうよね。彼と話してみるわ。)

Don’t even think about it. そんなバカげたことするなよ。

母親たちは掃除を終えた部屋のチェックをしようと、ダイニングルームに入ろうとします。キレイになった部屋に自慢げなジョーイたち。ジョーイは部屋の入り口で母親を呼びとめ、ここからは無菌環境(sterile enviroment)だからと、ハンディクリーナーを母親たちに当ててホコリを吸い取ろうとします。母親たちは黙って入っていきますが、ジェシーはあきれたようにこう言います。

Jesse: Don’t even think about it. (そんなバカげたことするなよ。)

「そんなことをしようとするなんてやめろよ」「そんなバカな考えはやめとけよ」という意味です。ジェシーは、おれにはハンディークリーナーを当てるなよと警告しているんですね。itがバカげた行為を指します。

使用例
友達が水鉄砲をもってこっちに向かってきます。
You: Oh-oh. Hey, don’t even think about it. (おっと。アホなことすんなよ。)

Tips! ちょっと息抜き!

ダニーたちは音楽を聴きながらノリノリで掃除をしています。このテンポの良い曲はジェームス・ブラウンの「I Got You (I Feel Good)」。1965年発売の50年以上前の曲ですが、今でもTVやCMなどで耳にする有名な曲です。歌詞はとてもシンプルで、好きな人と一緒にいられるワクワク感が歌詞からもリズムからも溢れています。歌詞付きの動画を載せますのでぜひ見てみてください!