フルハウス

英語でフルハウス1 エピソード5

海外ドラマ「フルハウス」で日常会話をゲットしよう!
シットコムの定番「フルハウス」。毎回ドタバタ劇を演じるタナー家ですが、家族愛や友情がぎっしり詰まったハートフルなドラマです。ストーリーの展開が複雑ではないため、英語で視聴するにはハードルは低め。キャラクター設定がわかりやすいのもGood。各登場人物の定番セリフもあり、これが聞き取れればシットコムを見て笑っているあなたがいるはず!
毎日1エピソードから使える表現を3つピックアップして、意味や使用例とともにお届けします。

S1E5 英語でフルハウス1 エピソード5見どころは?

冒頭部分でビックリ!なんとミシェルが歩いています。撮影のスパンがどれだけあいていたのかはわかりませんが、エピソード4よりかなり大きくなっています。ミシェルの成長が見られるのも、フルハウスを見る醍醐味の一つですね。今回は、ダニーとジェシーの大人の恋の葛藤が描かれています。出てくる女性の髪型や化粧に時代を感じますが、色っぽさに見入ってしまう人もいるんではないでしょうか。Tipsでは今回使用されているノリノリの曲をご紹介!

How do you know about this? なんでそんなこと知ってるの?

子どもたちがいなくなって、大人だけの時間ができます。そこでジェシーが、ダニーとジョーイをパーティに誘います。どうやら普通のパーティではなさそう。珍しいパーティを知っているジェシーにダニーは驚きます。

Danny: How do you know about this? (なんでそんなこと知ってるの?)
Jesse: How do you not know about this? (なんで知らないの?)

相手がレアな情報を知っている場合、どこでそんな情報を手に入れたのか聞きたくなりますね。そんなときに使えます。

使用例
A: Bobby is getting married. (ボビー結婚するんだぜ)
B: How do you know about this? (なんでそんなこと知ってんの?)

I’m psyched. よしきた!

釣りをしにボートに乗っているダニーたち。船長から魚釣りスポットに着いたことを告げられます。

Captain: We are in a great spot here.(いいスポットに着たわよ)
Danny:  Oh, yeah. I’m psyched.(よしきた!)

ここでは「よしきた」と訳しましたが、I’m psyched.は興奮してうれしい様子を表現しています。ワクワクする、とか超ウレシイという感情を表すことができます。ダニーは魚釣りに行けることをとても楽しみにしていましたし、格好もバッチリ決めていますね。それだけダニーにとっては待ちに待った瞬間でした。このように、待ちわびた時間があってうれしさを表すときにもってこいの表現です。カジュアルな表現なので、ビジネスなどフォーマルな場では使わないようにしましょう。

使用例
A: We are flying to Italy tomorrow!(明日イタリアに飛び立つよ!)
B: Yes! I’m psyched!(うん!超楽しみ!)

I’m in the middle of something. いま取り込み中なんだ。

Roxannaと口喧嘩を始めるジェシー。そんな様子を見ていたジョーイが割り込みます。

Joey: Alright. Everybody freeze. I need to see Jesse and Danny in the kitchen right now. (よし。みんなストーップ。ジェシーとダニー、キッチンに来てくれないか。)
Jesse: Joey, I’m middle of something. (ジョーイ、いま取り込み中なんだ。)
Joey: Humor me. (お願いだから。)

I’m in the middle of ○○」 で、私は○○の真ん中にいるということになります。つまり、何かの最中であるということ。何かに取り込み中であるときや、手が離せないときに使えます。somethingを使えば、何に忙しいのかを説明しなくて済みますし、説明がわずらわしいときに使用できます。simethingの代わりに具体的に言うこともできます。

たとえば
I’m in the middle of a meeting.(いま会議中なんだ)
I’m in the middle of an important phone call. (大事な電話の最中なんだよ)

いま取り込み中だからといわれたジョーイが言うせりふ Humor me. 「お願いだから。頼むよ。」という意味です。Humorはユーモアだから、「私を笑わせて」という意味に捉えてしまいますよね。でもHumor は動詞だと調子を合わせる、機嫌をとるという意味なんです。直訳すると「私に調子を合わせて。私の機嫌をとって。」となるわけですが、そこから「お願い」という表現として使用できます。面白いですね。

Tips! ちょっと息抜き!

船の上でRoxannaとジェシーが、歌い始める曲。これはBobby Dayの「Rockin’ Robin」です。Jackson 5 もカバーしています。