大人の英語学習

英語音読を継続するための4つのアイディア|習慣化させて英語力を磨こう!

こんにちは!英語で人生を豊かにしているケイトです。

今回は、音読を継続するコツをご紹介します。

音読は英語力をあげるのにとても効果的な勉強法。

わたしは10年以上、音読を続けています。

英タツ
英タツ
音読やりたいんだけど、続かないんだよねぇ

音読をやろうと思っても、続かなくて結局やらなくなっちゃったということってありますよね。

わたしは何度も三日坊主を経験しながらも、いろんな方法を試した結果、今は毎日欠かさず音読をする習慣を身に付けることができました。

4つの方法をご紹介するので、ぜひ試してみてください。

自分に合った方法が見つかるはずですよ!

<音読を継続させるための4つの方法>
1.時間を決める(タイマーをセットしよう)
2.回数を決める(少しでもいいので声に出そう)
3.歩きながらやる(体を動かしながらやろう)
4.ネイティブになりきる(英語が話せる自分を想像しよう)

英語音読を継続するための4つのアイディア

やれそうと思ったものや興味があるものにトライしてみてください。

<音読を継続させるための4つの方法>
1.時間を決める(タイマーをセットしよう)
2.回数を決める(少しでもいいので声に出そう)
3.歩きながらやる(体を動かしながらやろう)
4.ネイティブになりきる(英語が話せる自分を想像しよう)

1.時間を決める(タイマーをセットしよう)

音読をする時間を決めましょう。

例えば出勤前の7:30。昼食を終えた12:45。お風呂に入る前の20:00など。

自分が音読ができる時間を見つけて、音読する時間を決めます。

そしたらタイマーをセット。

タイマーがなったら音読するというルールを作ります。

わたしは朝起きたらすぐにしています。そのため朝の7時にしています。

2.回数を決める(少しでもいいので声に出そう)

音読をする回数を決めましょう。

3回読む、5回読むというように回数を決めてその回数読んだらOKです。

音読する文章によって、音読時間は変わります。

長ければ長いほど音読時間は長くなりますよね。

初めのうちは少なめの回数からスタートしてみましょう。

慣れてきたら回数を増やしていってください。

3.歩きながらやる(体を動かしながらやろう)

歩きながら音読してみましょう。

音読は机に向かわなくてもできる勉強法です。

座るとスマホや他のことに気を取られてしまいがちですが、歩きながらやると音読に集中できます。

部屋をウロウロ歩きながら音読してみてください。

4.ネイティブになりきる(英語が話せる自分を想像しよう)

ネイティブになりきって音読しましょう。

あたかも自分が英語をネイティブのように話しているかにように、音読します。

ただ文章を読んでいるだけだと、棒読みになってしまったり、テキトーに声に出しているだけになってしまうことがあります。

自分が英語ネイティブかのように読んでみると、楽しいですし、モチベーションも上げることが出来ます。

自分ルールをつくってまずは14日間やってみる

音読のやり方は人それぞれ。

自分に合った方法を試しながらしっくりくるものを探してみてください。

見つかったらまずは14日間試します。

最初の14日間はシンドいかもしれませんが、2週間過ぎると慣れてきて、習慣化することが出来ます。

まずは14日間を目指して音読を毎日やりましょう。

わたしは朝とご飯の支度をするときが音読時間

わたしは朝起きてすぐに単語帳を10回音読しています。

音読することで、目も冷めるので、朝の習慣になっていますね。

ちなみに歩きながらやっています。

あとはご飯を作っているときに、煮物などの待ち時間が出来たりするので、その時にも音読しています。

キッチンで立ちながら、料理の具合をみながらやっています。

こんな風に家事の合間に音読って出来ちゃうんですよ。

まとめ:習慣化するまでが大変!でも自分に合ったやり方は見つかります

英語は、文法や単語力など、どんなに知識を蓄えても、話すことをしない限りは話せる英語は身につきません。

日常生活で英語を話す機会がない方は、ぜひ音読をしてみてください。

何事も習慣化することって大変ですよね。

まずは自分が一番ストレスない方法でやれる範囲の回数を14日間やってみましょう。

音読は発音やコロケーション(単語と単語の組み合わせのことです)が身につきます。

音読を習慣化できると、英語力をアップさせられますよ。

それでは!