フルハウス

What’s the matter?どうしたの?~フルハウスで日常英会話~

シットコム「フルハウス」のシーズン1エピソード18から、使える表現をピックアップ!

どんどん英語の表現力を見につけましょうっ!

What’s the matter?どうしたの?

What’s the matter?には2種類の意味があります。

まずは一つ目から

①どうしたの?どこか調子悪いの?

相手のことを心配したり、何か気になることがあるときに使います。

What’s the matter with you?と最後に「with you」を付けることもできます。

エピソード18では、声を上げているミシェルに対してスティーブはWhat’s the matter, Michelle?と聞いています。

イライラしている同僚に。
私:What’s the matter? (どうしたの?)

同僚:I’m stressed out. I have a big presentation tomorrow.(ストレスたまってんの。明日大事なプレゼンがあってね。)

いつもと様子の違う子どもに

母親:What’s the matter with you?(どうかしたの?)
息子:Nothing.(なんでもないよ)

②いったい何があったの?!どうかしちゃったの?何なの?

相手の態度や発言に対して、イラっとしたときや腹立たし差を表すときに使えます。
①の相手の調子をうかがうときは聞き方が優しいですが、この②の言い方はちょっと乱暴になりますね。

What’s the matter with you? have you lost your mind?
一体どうしたのよ?頭おかしいんじゃない?

You’ve been complaining since this morning. What’s the matter with you?朝から文句ばっかり。何が気に食わないのよ?

How’s everything going? 調子はどう?

とても便利な表現です。

友達同士でも使えますし、仕事場でもつかえます。

直訳すると、「全体的に、どんな感じで進んでる?」とな

ります。
そこから、具体的な何かの進捗を聞き出すというより、全

体的にどうな感じ?とふんわりと聞くことができます。

エピソード18では、ミシェルとスティーブが問題なくコミュニケーションできているか心配したダニーが、「大丈夫?」と声をかけるためにこのフレーズを言っていますね。

例えば
仕事場でプレゼンの用意をしている同僚に
あなた:How’s everything going?(調子はどう?)
同僚:Fine.(いい感じだよ)

大掃除をしている母親に対して。
あなた:How’s everything going?(どんな感じ?)
親:Just OK. Could you give me a hand?(まあまあだけど、手伝ってくれない?)

How’s it going?

という表現も同様に使用できます。

「everything」を「it」に入れ替えるだけです。

こちらはカジュアルな言い方になります。

意味は「調子どう?」と一緒の意味です。

How’s it going?

友達に対して、挨拶代わりに使うこともできます。

あなた:How’s it going? (調子どう?)
友達:Good. You? (いいよ、あなたは?)
あなた:Good. Thanks.(うん、いいよ。ありがとう。)

Enough talk. おしゃべりはここまで。

enoughには、「十分な、必要なだけの」という意味があります。

Enough Talk.で「おしゃべりは十分」となります。

このエピソード18ではD.Jはこう言っています。

“Enough talk. Let’s play football.”
おしゃべりはここまで。フットボールしよう!

とっても簡単な表現ですね!

友達と勉強してて。
Enough talk. Let’s finish our homework.
(おしゃべりはここらへんにして、宿題終わらせようよ)

Tips!ちょっと息抜き!

今回は、D.Jのいとこのスティーブが登場。

スティーブを演じているのはカーク・キャメロン(Kirk Cameron)。

カーク・キャメロンはなんと、D.Jを演じているキャンディス・キャメロンの実のお兄さんなんです!

カーク・キャメロンも俳優で、1985年から1992年にアメリカのABCで放送されていた、シットコム「愉快なシーバー家(Growing Pains)」の長男マイク役として出演していました。

日本では、NHK教育テレビで1997年から2000年まで放送されています。

実の兄妹が、いとこ役を演じていたなんて面白いエピソードですね!