勉強法

英語上達のコツは?英語が話せる人たちの共通点【マネをしてペラペラに!】

「英語がなかなかうまくならない」

「いつまでたっても話せるようにならない」

と悩んでいませんか?

英語が話せる人の共通点をマネしてみると、英語を話すときの姿勢や気持ちや取り組み方が変わるかもしれません。

ということで今回は、英語が話せる日本人の共通点をまとめてみました。

この記事では下記の内容を解説します。

1. 英語が話せる日本人の共通点

2. マネする際のポイント

私は英語を話す日本人の友達が数名いますが、英語を話す人たちには共通点があるんです。

その共通点をマネすると、英語上達の近道となるかもしれません。

ぜひ盗めるワザはマネしてみましょう!

1. 英語が話せる日本人の共通点


どんな共通点があるか見ていきましょう。

積極的

積極的な人が多いです。行動的ですね。自分がやりたいと思ったことや行きたいと思ったところには、自分から提案して行く積極さがあります。

英語を勉強するうえでも、話せるようになりたい、コミュニケーションを英語でしたいという気持ちが強い傾向があります。

だから、英語だけの環境に飛び込んで行ったり、外国人との接点も怖がることなくチャレンジします。

「友達と一緒じゃないと行動できない」人はいますが、そのような人はほとんどいません。

一人で海外旅行したり、新しいことにチャレンジしたり、何かと新しいことをしている人が多いです。

お一人様を怖がらないで、行動しよう!

英語の間違いを気にしない

英語が話せる人は、英語を上達させるには間違いながら地道にレベルアップしていくことを経験からわかっています。だから間違いを気にして口ごもってしまうようなことはありません。

とにかく間違っていても堂々と英語を話す人が多いです。

これは見習うべきポイント!

間違いを気にするあまり、話せなくなってしまう人は多いですね。
でも口から何も発さなければ、上達どころか話す練習すらできません。

英語ができる人はもともと英語ができたわけではありません。動詞の過去形を間違えたり、使う単語を間違えたりしながら、時に人に指摘してもらったり、自分で間違いに気づきながら、成長しているのです。

英語の上達はスキーに例えられたりしますが、滑ることを恐れ転びもしない人がスキーを上達させることはできません。初めはお尻や足を強打していても、うまくなれば転び方さえもうまくなり、体を強打しない上手な転び方ができるようになります。

英語もこれと一緒。間違えなければうまくなりません。話さなければ上達はしません。

英語が上手な人でも間違いを全くしない人はいません。時に基本的な文法の間違いをすることだってあります。

でも話の内容がきちんと通じている限り、誰からに間違いをとがめられることはないです。

堂々と話しましょう!

間違いなんて気にしない!堂々を話そう!

ノリがよい

ノリがよいです。これはパリピのようなノリではありません。

英語に触れられるイベントや外国人と出会える飲み会への参加を積極的にしたり、コミュニケーションの最中でもテンポが良い人が多いです。

フットワークが軽いですね。

外交的でなくても内向的でも大丈夫。内向的でもテンポの良さを持っている人はいます。

英語が出来ない人はモジモジしていたりします。

思い切って話しかけたり、質問すればよいのに、それができない。

フットワークが軽くテンポの良い人は、英語上達しやすいです。

躊躇しないで!フットワーク軽く行こう!

覚悟がある

「英語を話せるようになる!」「絶対にモノにする」というように、英語に対する覚悟が高い人が多いです。

だからこそ、積極的だったり物怖じしないのかもしれません。

留学経験がないのに英語が話せる人は、英語を手にするという覚悟が非常に高いです。

英語に対するコミットメントがあります。

本当に英語話せるようになりたい?だったら真剣さも重要!

全員が上記の素質を持っているわけではありませんが、傾向としてこのような特徴があります。

マネをしてみると、英語への向き合い方が変わるかもしれません。

2. マネする際のポイント

別人格になってみる

日本語と英語を話す際に、話し方やしぐさが変わる人は多いです。

人が変わるわけじゃないけど、雰囲気が変わるんですよね。

英語を話す際は、自分ではない誰かを演じてみると、気がラクになります。

私の場合、英語で話すときは主張が強くなります。日本語だったらボヤかしてごまかすところを、英語の場合自分の意見をハッキリ言う場面が多いので、英語を話しているときの私はちょっと強気になりますね。

恥ずかしがらないで。ちょっと違う自分を演じてみよう。

プライドを捨てる

プライドは捨てましょう。

「間違えてバカにされるんじゃないか」とか、「発音がヘタだから聞き取ってもらえないんじゃないか」というような心配事は捨てましょう。

英語を話そうとしている自分に誇りを持ってください。

だってすごいと思いませんか?
私たちは日本語で育ち日本語だけで生活していける環境にいる人がほとんどです。それにも関わらず、勉強をして英語を話そうとしているんです。そんなこと自体がすごいんです。

私はときに「私あなたのために英語はなしてあげてるんですよ」ぐらいの気持ちをもって話すことがあります。それくらいでちょうどいいです。

プライドは捨てて堂々としましょう。

間違えたって平気。バカにされるなんてただの妄想。

間違えたら自分を褒めよう

間違えた分だけ自分を褒めましょう。

間違えるたびに、あたなは確実に成長します。「まちがえちゃった。私本当にダメだ!」なんて思っちゃダメ。

間違えるたびに、ゲームでいうところのコインを1枚ゲットしたと思ってください。間違えたら「チャリン!」と頭の中でコインを鳴らしましょう。そして自分がレベルアップしたと思ってください。

実際は自分のレベルアップを感じにくいかもしれませんので、間違えるたびに成長している目安として自分の中でコインを貯めましょう。

間違えた分だけあなたの英語力はUPします。間違えないなんてソン!

練習はオンライン英会話レッスンを活用しよう!

とにかく話すという練習をしないと、英会話はうまくなりません。

英会話スクールに通ったり、オンライン英会話を受けてみましょう。

私がオススメするオンライン英会話をご紹介します。

語学留学にも定評のあるEFのレッスンがオンラインで受けられます。
私はEFで短期留学経験があります。2~3週間で「話す」「聞く」能力をグンと伸ばすことができました。

ネイティブ英会話のEF English Live