勉強法

映画「デンジャラス・ビューティ」で学ぶ英語 日常会話10選

映画「デンジャラス・ビューティ」で英語を学びましょう!

映画を使って英語を勉強するのはとても効果的な方法です。
その理由は2つ。

・日常会話のオンパレード
・リスニングが強化できる

好きな映画なら何度見ても飽きないですよね。
映画ならちょっとした表現も学べちゃうので、英語学習にはおすすめです。

「デンジャラス・ビューティ」は、男勝りのFBIエージェントであるグレイシー・ハート(サンドラ・ブロック)が、可憐にミスアメリカに変身。このビフォアアフターの変わりように心ワクワクする人も多いのではないでしょうか。見た後のスッキリ感も最高です。私は気軽に見られる「デンジャラス・ビューティー」が大好きで5回以上見ています。もちろん見るたびに英語表現もチェックして使うようにしています。

「デンジャラス・ビューティー」から日常会話で使える表現を10個まとめました。
楽しく英語を身につけちゃいましょう!

「デンジャラス・ビューティー 」で学ぶ日常会話10選!

映画「デンジャラス・ビューティー」から使える表現を10つピックアップしました。映画を見ながら英語力を上げちゃいましょう!

1. Wimp!(弱虫!)

wimpは弱虫、意気地なしという意味です。
日常的に頻繁に使う言葉ではないかもしれませんが、イヤミをいう時に使うなど映画やドラマでは意外によく出てくる単語です。

〈使用例〉
A: You are such a wimp.(あんたって、意気地なしね)
B: No, I’m not!(そんなことないよ!)

2. ETA 20 minutes.(20分で着きます。)

ETAは「Estimated Time of Arrival」の略で、「到着時刻」「到着予定日」を意味します。
ビジネスでよく使われますが、日常でも使われることがあります。特にテキストメッセージで使ったりしますね。

〈使用例〉
A: What’s your ETA?(何時頃つく?)
B: Around 12:30.(12時半頃だね。)

3. How’s she doing?(彼女どんな調子?)

How + be + 人 + doing?でその人の調子を伺うことができます。
相手に直接聞きたいときは、”How are you going?”と言いましょう。挨拶代わりにもよく使われる表現です。

〈使用例〉
A: How’s he going?(彼はどんな調子?)
B: He’s doing pretty good.(頑張ってるよ。)

4. Don’t mess with me. (ちょっかい出さないで。)

Don’t mess with me.は、「怒らせないで」「(私に対して)迷惑をかけないで」という意味になります。
邪魔して欲しくないときなどに使えますね。

〈使用例〉
A: I really need to focus on the project. Please don’t mess with me.(このプロジェクトに集中しなきゃなんないの。邪魔しないで。)
B: All right.(わかったよ。)

5. Hold on a second.(ちょっと待ってくれ)

Hold onで待つ、a secondで少しの間という意味です。
日常的に良く使う表現です。覚えて実際に使ってみましょう。

〈使用例〉
A: I’m leaving. Bye!(帰るね。じゃ!)
B: Hold on a second. Did you finish the assignment?(ちょっと待って。課題は終わったの?)

6. You are in big trouble.(あんた怒られるわよ)

直訳をすると「あなたは大きなトラブルに巻き込まれている」となります。
つまり、「やばいぞ」「怒られるよ」といった意味になります。

例えばテストで悪い点を取って「親に叱られる」とか
仕事でメールの送信相手を間違えて「しまった!取引先に怒られるヤベェ!」といったときに使えます。

〈使用例〉
A: I’m late! I slept over!(遅刻だ!寝坊した!)
B: Oh. You’re in big trouble.(あら、ヤバイね。)

7. She’s completely trashed.(完全に酔っ払ってるね。)

酔っ払っている時の表現はいくつかありますが、酔っ払い度がめちゃくちゃ高いときに”trahsed”を使うことができます。
ぐでんぐでんに酔っている、酔いつぶれている、泥酔している、といった状況のときに使える表現です。

〈使用例〉
A: She’s trashed!(彼女ぐでんぐでんじゃん)
B: She cannot walk properly!(ちゃんと歩けてないよ!)

8. Come again? (今なんて?)

相手が言ったことに対して聞き返したい時のカジュアルな表現です。

「いまなんて言った?」「もう一回言って。」と聞き返したいときに使いましょう。

〈使用例〉
A: Come again? (今なんて?)
B: Ben likes Kate!(ベンはケイトのことが好きなんだって!)

9. What if it was a copycat?(もし模倣犯だったら?)

もし〜だったら?というときに使える what ifの表現。
とっても便利なので覚えてしまいましょう!

何度も音読すると、とっさのときにスラリと出てきますよ。

〈使用例〉
A: What if you were omnipotent? (もし自分が全知全能だったらどうする?)
B: I would be the most beautiful woman!(世界で一番の美女になるわ!)

10. Right back at you.(あなたもね)

すごいねと褒められて、「あなたもね」と言いたいときYou too以外にこんな表現の仕方もあります。”Right back at you.”
カジュアルな場面で使えます。

〈使用例〉
A: You did great job.(よく頑張ったね)
B: Right back at you.(あなたもね。)

「デンジャラス・ビューティー 」の視聴方法

映画って本当に英語の勉強に最適!好きな作品なら楽しみながら勉強できるし、一人で気ままに学習できるとても良い教材です。
「デンジャラス・ビューティー」は気軽に視聴できるし見ていて面白い!日常表現を10つ選択しましたが、実際は使える表現がもっといっぱいあります。ぜひ見てみてください!
「デンジャラス・ビューティー 」の視聴方法をご紹介します。

U-NEXT(31日間のお試し期間は無料!)
アマゾンプライムビデオ(30日間の無料体験あり)
DVD購入

動画視聴サービスなら、スマホやタブレットで見ることができるので、勉強する場所を選びません。便利ですよね。どのサービスもお試し期間があるので、無料で視聴も可能。
何度も繰り返し見たいならDVDを購入してもいいですね。セリフを暗記してしまうほど何度も繰り返し見るというのも、効果的な学習法です。

楽しいから続けられる。続けられるのは英語を勉強する上でとても大切です。
映画を使って日常表現をどんどん吸収しましょう!