勉強法

1日15分だけでリスニング力&英語読解力が上がる!【Audibleを活用】

1日15分毎日続けるだけで、リスニング力と英語読解力を上げられる勉強法をご紹介します。

それは洋書を読みながらオーディオブックを聞くこと
目で英文を追いながら、英語の音声を聞く。英文を読みながら、音声で英語を理解する。
これを繰り返すことで、英語力を上げることができます。

私はオーディオブックのAudibleを使用して2年経ちました。
Audibleを使って着実に英語力を上げながら、海外の企業でマネージャーとして英語で会議・プレゼンをしてきました。

とてもお勧めの方法なので、活用法を含めてご紹介します!

1日15分だけでいい!

1日15分だけでも毎日やることで効果が期待できます。
特に効果が出るのがリスニング英語読解能力です

リスニングに効果あり

オーディオブックでリスニング力UP!でもオーディオブックを使うと、なぜリスニングにいいのでしょうか。
まず、音声を集中して聞くことができます。英語の勉強をするとき、テキストの文字を追うばかりで音声を聞かない人が多いんですよね。これではいつまでたっても「リスニングができない」状態から抜け出せません。オーディオブックなら、集中して音声を聞く姿勢ができるので、リスニング力がアップします。

またリンキングを理解することができます。リンキングとは、音と音をつなげて発音すること。これ、慣れないとわかりにくいんですよね。英文を目で追いながら音声を聞くので、リンキングがどのようにされるのかというのが、聞きながらわかります。

集中したリスニングとリンキングの理解。これで英語が数珠つなぎのように聞こえてさっぱりわからないという状況から抜け出せます。

英語読解力に効果あり

本を読むことで読解力が上がります。
文章の意味がわからないと、本を読み進めることってできませんよね。

TOEICなどの資格試験の場合、必要な情報だけを拾うことが重要だったりします。だから英文を全部読む必要がない。でもこのような資格用の勉強ばかりしていると、きちんと英文を読んで理解する力というのが養われないんですよね。

英語で本を読もうとするとき、とくにノンフィクションの場合は、一文一文の意味がわかっていないと読み進めることが難しくなります。
英語で描かれた情景をそのまま頭の中で描写することができるか。実はこれがきちんとできる人って少ないんです。TOEICで高得点をとっていても、情報の斜め読み訓練しかしていないと、英文の意味を正確に捉えるのに苦労するなんてことが起きちゃうんですよね。

英文を理解していくことが求められる多読。これを続けることで、読解力がつきます。

1日15分 Audibleの活用法

本を選ぶ

まずは本選び。オーディオブックのサービスサイトでどんなタイトルがあるかチェックしましょう。私はアマゾンのサービスAudibleを使っており、英語のタイトルも豊富で使いやすいです。
本選びのポイントは2つ。

1. 興味のある本、読んでみたい本を選ぶ。

2. その本が難しすぎないか内容をチェック

本の英語が難しすぎると、Audibleで音声を聞きながら読んでいてもついていけません。挫折の原因になるので、読めそうなレベルの洋書を選びましょう。

もし洋書を読んだことがないのなら、ロアルド・ダールのような児童書からスタートしてみるのをお勧めします。

ビジネスマンならこの本がお勧め。

スピード調整をする

Audibleでは速度調整ができます。
速すぎてついていけない場合は速度を落としましょう。

タイマー機能を使う

Audibleにはタイマー機能がついています。15分に設定しましょう。
時間が来ると音が自然に消えていきます。

1日15分続けることがいいですが、15分にこだわる必要はありません。
余裕がある日は20分でも30分でもOK!

タイマー機能を活用してみましょう。

続けることで力になる

一日たった15分続けるだけで、リスニング力と読解力が上がるなんて嬉しいですよね。

私は、自分の英語力より少し難易度が高の本を毎回選んでいます。ぶ厚めの本を選んで、一ヶ月に1冊はAudibleと読書をしています。

気になる方は、初めの1冊は無料なので試してみてください。1日15分を続けるだけで、あなたの英語力は確実に上がります。Audibleの場合アプリをダウンロードすれば、外出先でも聞けるので、場所を選びません。今日から15分、着実にレベルを上げていきましょう!