勉強法

いつまでお勉強続けるの?声に出さなきゃ英語は話せるようにならない

「英語を話せるようになりたい」「外国人の友達を作って英語で日常会話したい」

英語で会話できるってカッコイイし憧れますよね。

英語できるように頑張るぞと意気込んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では英語を話せるようになるポイントを解説します。

多くの人が陥りがちな間違った勉強法を抜け出し、世界中の人とコミュニケーションができる英語を手に入れましょう!

話すことから始めよう

英語が話せるようになりたいのなら、いきなり話すことから始めましょう。

多くの人は、参考書や英会話教材を買います。そして黙々と勉強する。
しばらくたって「英語頑張ってるのに話せるようにならない〜」と落ち込む。
そんな経験はありませんか?

英語を話すという行為は、様々な知識を総動員しないといけません。
相手の言っていることを理解するリスニング力と語彙力。
相手とキャッチボールができるようにするコミュニケーション能力。

「えっと〜えっと〜」と考える暇もなく、会話って進んでいきます。
それこそ待った無しで反応していかなければなりません。

会話をするには、その訓練をしなければなりません。でもしていない人があまりにも多いです。

テキストを相手に勉強していると、自分には考える時間がたっぷりと与えられます。
だから、何かの問題を解いている時も自分のペースでできちゃうんですよね。

でも実際の会話では、相手は待ってくれないことも。

だからリズミカルにポンポンと返答ができるようにならなければいけません。
会話をできるようにするために、このような訓練はしていますか?

話しながら、文法と語彙は覚えていけば良い


英語で話をする時、完璧な英語を話す必要はありません。

文法がめちゃくちゃでもOK。
語彙数が限られていてもOK。

実は、コミュニケーションをしながら、勉強するのが一番の近道なんです。

「文法を一通りやってから会話デビューしよう」
「この単語帳を全部終えたら、話す練習をしよう」
このように、英語を話すための準備をする人がいますが、それではいつまでたっても話せるようになりません。

例えば、私がグローバル企業でマネージメントをしていた頃、私の英語力はそんなに高くありませんでした。でも上司に英語で報告しなきゃいけないし、会議にも参加しないといけない。仕事中にわからない単語に出会ったら、ノートにメモをして、あとで意味を調べていました。仕事で使う語彙数は限られているので、これを繰り返せば繰り返すほど、次の会議では前回わからなかった単語もちゃんと意味を分かった上で参加ができていきます。1年後には私の英語力は飛躍的に上がりました。

もし私が、TOEIC900点取るまでは英語環境で仕事なんてできないと、机にかじりつきながら勉強していたとしても、おそらく私の英語力はそこまで伸びなかったでしょう。

大切なのは、知識を取り入れることではないんです。

実際に使いながら学んでいくことなんです。

実践しながら試行錯誤すれば良い。

恥をかくことがあるかもしれません。バカにされることがあるかもしれません。

でもそんなのどうだって良いです。

一年後も今現在の場所にとどまっているくらいなら、ミスしながらも前に進んで入られたら最高ですよね。

コミュニケーションの場はいくらでもある


「そうは言っても、外国人と話す機会なんてないよ」と思う方がいるかもしれません。

一番簡単な方法としては、英会話スクールですね。お金を払いさえすれば、英語の環境にいけます。
英会話スクールって高いイメージがありますが、オンライン英会話なら月謝を抑えることができる上に、自宅でできるので手軽です。
私は現在オンライン英会話を受講していて、DMM英会話を5ヶ月ほど継続しています。評判の高いオンラインスクールをご紹介します。どのスクールも無料体験があるので、ぜひ試してみてください。

イベントに参加してみるのもGood!
外国人が多く参加するようなイベントに行ってみましょう。
私の知り合いにレゲエが好きな人がいて、レゲエイベントで知り合った人と今も交流を続けている人がいます。同じ趣味だからこそ会話が続きやすいので、友達にもなりやすいです。

私は今も英語の学習を続けています。でも“お勉強”はしていません。
実際に使いながら、間違えたところを反省したり、新たな単語を身につけたりしています。

実践しながら学んでいく。
これであなたの語学習得スピードも伸びていきますよ。