ステップ・リーディング

【多読初心者】中学生の多読におすすめイソップ物語 短編が30話読める!

こんにちは!英語で人生を豊かにしているケイトです。

今回は、ラダーシリーズのレベル1の『イソップ物語(Aesop’s Fables)』のご紹介です。(→ラダーシリーズってなに?

イソップ物語』は30編の物語が収録されているので、たくさんのお話を読むことができます!

短いストーリーだと1ページ、長くても3〜4ページで、どのお話も短編です。

有名なお話もありますよ。例えば、「北風と太陽」「うさぎとカメ」「オオカミ少年」など。

子供の時にイソップ物語に親しんでいましたか?

久しぶりに読んでみると、大人の視点から読めるので楽しいですよ。

『イソップ物語』の英語の難易度

イソップ物語』はラダーシリーズではレベル1で、中学英語レベルでも読めます。

【単語】
中学レベルの英語で読めるのですが、日常的によく使うけど学校では習わない単語がちらほら出てくるので、単語力が低いと読みにくいかもしれません。

【文章】
イソップ物語には教訓が含まれているものが多いです。どんな教訓が込められているのかとか、何を言わんとしているのかを読み取るには、英語の読解力が必要になります。

【ストーリー】
シンプルなので、スラスラ読むことができます。

単語 ★☆☆☆☆
文章 ★☆☆☆☆
ストーリー ★☆☆☆☆

実際の文章を読んでみよう!

実際に出てくる英文を見てみましょう。3つピックアップしました。(※カッコ内の日本語訳はケイトが訳しています。)

【1】動物がたくさん登場

動物が主役となっているストーリーがほとんどなので、クマ(bear)、カエル(frog)、ライオン(lion)などたくさんの動物が出てきます。

意外と英語でなんというか知らない動物もたくさん出てくるので、動物のボキャブラリーを増やすことができますよ!

bat  (コウモリ)
stork (コウノトリ)
ass  (ロバ)
crow (カラス)
crane (ツル)
ox (雄牛)
tortoise (カメ)
grasshopper (バッタ)
raven (カラス)

【2】誘うときはask

A fox one day asked a stork to come to dinner.
(キツネはあるときコウノトリに夕飯を食べにくるように誘いました。)

「キツネとコウノトリ」の冒頭分です。

askは「質問する」「尋ねる」という意味ですが、招待する時にも使います。日常的に使える便利な表現です。

【3】教訓が胸に刺さります

Think for yourself and don’t follow the crowd.
(自分できちんと考えて、みんなにただついていかないこと)

ある物語の最後に、教訓が登場します。

「みんながそうしているからといって、自分の頭で考えて行動しないと痛い目に会うよ」というメッセージが込められたストーリー。

Think for yourselfは直訳すると「自分のために考える」ということです。つまり自分できちんと考えるということ。

大人になってから読んでも、イソップ物語には「なるほどそうだよなぁ」と考えさせられる話がいっぱいあります。

『イソップ物語』の魅力!

『イソップ物語』の魅力をご紹介します!

  1. 中学生もチャレンジできる!
  2. 読解力をつけられる
  3. 童話をたっぷり楽しめる

【1】中学生もチャレンジできる!

英語を学んでいる中学生におすすめです。

一話一話が短いので、「一日一話」というスピードで読み進めることができます。

毎日少しでも英語に触れると英語力は着実に付きますので、英語を読む習慣をつけるためには短編を選ぶといいですよ。

一話5分もかからずに読めるものもありますよ。

【2】読解力をつけられる

イソップ物語』はストーリーを追いつつ、教訓を理解できて初めて楽しめる作品です。なので、読解力を求められます。

英語の文章を読む時にありがちなのが、ただ文章を目で追っているだけになってしまっていて、内容が頭に入っていない状態で読み進めてしまうことです。

読んでるつもりになっているということですね。もし一つの物語を読んで「この話は一体何が言いたかったの?」となったら、内容をきちんと読めていない可能性が高いです。

自分の読解力を読みながらチェックできますよ。

【3】童話をたっぷり楽しめる

童話好きなら100%楽しめる一冊です。

主人公のほとんどが動物なので、子どもの頃読んでいた童話の世界に入り込めます。

30話読むことができるので、イソップの世界にどっぷり浸かることができますよ。

挿絵が版画のようになっていて可愛らしいのも魅力の一つです。

まとめ:一話ずつ着実に単語力と読解力がつく!

イソップ物語』は短編が30話収録されています。

たくさんのお話を読むことで、単語力を増やすことができます。

イソップならではの教訓が毎回登場するので、どんな教訓だったのかを読み取れるように読んでいきましょう。それを続けていくことで、読解力がついていきます。

イソップ物語が好きな方は、『グリム童話傑作童話集』も楽しめますよ。ラダーシリーズのレベル1なので、読みやすいです。

レビュー記事を書いているので、ぜひご覧ください。
▶︎『グリム童話傑作童話集』レビュー記事

あわせて読みたい
【英語でグリム童話 】多読をスタートさせるならこれ| ヘンゼルとグレーテルこんにちは!英語で人生を豊かにしているケイトです。 今回は、中学英語から読めるラダーシリーズ・レベル1の『グリム・クラシックス(G...