ステップ・リーディング

英語多読ガイド【ラダーシリーズ・レベル1】全23作品を紹介|本選びのコツも伝授

ラダーシリーズ・レベル1の全作品をご紹介します。

ラダーシリーズとは、IBCパブリッシングが出版している多読のために編集された洋書。

レベルが1から5に分かれており、自分の英語レベルに合わせて洋書を楽しむことができます。

中学英語から読めるので、気軽に多読にチャレンジできるのがポイント。英語を学習中の中学生から英語を学び直している社会人におすすめです。

今回はレベル1の作品をすべてご紹介!本選びのコツもお伝えします!

レベル1は全部で23作品あり、アンデルセンやイソップなどの海外童話から、日本昔話や芥川龍之介の日本のお話まで幅広いジャンルです。

<レベル1の本>(題名のリンク先はAmazonです。)

ごんぎつね 手袋を買いに 日本昔話1 桃太郎ほか 日本昔話2 金太郎ほか
日本昔話3 一休さんほか 走れメロス よだかの星 芥川龍之介短編集
絵で読む英語 セロ弾きのゴーシュ イソップ物語 アンデルセン名作選
グリム名作選 グリム・クラシックス グリム傑作童話集 イギリス民話
アンデルセン・クラシックス アンデルセン珠玉 ピーター・パン 美女と野獣
アインシュタイン エジソン ガンジー

ラダーシリーズの特徴

中学で習う基本単語で構成されているレベル1から、中上級者のレベル5まで、はしご(ラダー)を上るようにレベルを上げていくことができるのが特徴です。

英語学習者用に編集されているため、巻末にワードリストがついています。レベル1は、文中に出てくるすべての単語が掲載。だから辞書がなくても意味を確認しながら読むことができますよ。

使用されている単語の目安はこちら。

レベル1 中学校で学習する約1000語
レベル2 レベル1の単語+使用頻度の高い約300語
レベル3 レベル1の単語+使用頻度の高い約600語
レベル4 レベル1の単語+使用頻度の高い約1000語
レベル5 語彙制限なし

洋書選びのポイント4つ


多読を続けるコツは、自分の英語力に合っていることと興味のある本を選ぶこと!

でも自分の英語レベルにあった本を選ぶのって難しいんですよね。

多読が続く本選びの4つのポイントをご紹介します!

<本選びの4つのポイント>

  1. 知らない単語は1ページにつき3個以下
  2. 内容の大意が理解できる
  3. 読むペースは1分間あたり8〜10行
  4. 興味のある本を選ぶ

1. 知らない単語は1ページにつき3個以下

1ページにつき、知らない単語が出てくるのは3つ以下の本を選びましょう。

知らない単語だらけだと、書かれている内容を理解することは難しくなります。そのため知らない単語の数が本選びのポイントの一つです。

洋書を読んでいると、必ず知らない単語が出てきます。知らない単語の数は1ページあたり3個以下がベスト。

3つ知らない単語があったとしても、意味を推測しながら読むことができます。

気になる本があったら、1〜2ページ読んでみてわからない単語がどれだけ出てくるかチェックしてみましょう。

2. 内容の大意が理解できる

読んでいる大意が理解できる本を選びましょう。

本の内容がわからないと、読んでいる意味がありませんし読んでいても面白くありません。

単語力はあっても文法力が低いと、読解力が落ちるため意味を理解できません。

内容が理解できるかどうかは重要なポイントなので、大意がわかるかどうかを本を購入する前にチェックしましょう。

3. 読むペースは1分間あたり8〜10行

読むペースは1分間あたり8〜10行くらいがベストです。

これより遅いと、内容の進みが遅いため読むことにしんどさを感じてしまうはず。

さらさら読めてしまう場合は、内容がやさしい可能性があるためレベルアップしてOKです。

4. 興味のある本を選ぶ

「面白そう」「読んでみたい」と思う本を選びましょう。

英語力が自分に合っていたとしても、内容に興味が持てない本を読むのは苦痛です。

興味があると、集中力が継続したり読むスピードが上がったりします。

勉強のためにと無理して興味のない本を選ぶ必要はないですよ。続けるには楽しさが必要。

多読を継続したいなら自分の興味のある本を優先して選んでみましょう。

https://pinomondo.com/read-every-ladder-level1/

興味のある本はどんどん読んでみよう!


私はラダーシリーズのレベル1をすべて読みました。

私がラダーシリーズの中で一番読みやすいと感じたのは、伝記ですね。普段の読書ではフィクションよりノンフィクションが好きなこともあり、伝記が一番楽しめました。

ラダーシリーズ・レベル1では『アインシュタイン』、『エジソン』、『ガンジー』3つの伝記があります。

自分の好きなことや興味のあるタイトルを選ぶと、本を読むことそのものを楽しめるので、読了できる割合が増えて本を読む楽しさが増します。

面白そうと思える本を選びましょう。

レベル1の作品のレビュー記事を書いていますので、気になるタイトルはチェックしてみてください!

レビュー記事

ごんぎつね

レベル1の中でもやさしい英語のため、多読の初めての一冊としても最適です!

知っているストーリーを英語で読む面白さも味わえますよ。

最後のシーンは、何度読んでも切なくなってしまいます。

『ごんぎつね』レビュー記事

手袋を買いに

日本昔話1 桃太郎ほか

日本昔話2 金太郎ほか

日本昔話3 一休さんほか

走れメロス

日本語にスピード感のある作品なので、英語版も作品の勢いにつられてスラスラ読めるのが魅力!

中学の教科書に載っていたのを覚えていますか?大人になってから読み返してみると、違う印象を受けるかもしれません。

『走れメロス』レビュー記事

よだかの星

単行本はなくKindleのみです。

セロ弾きのゴーシュ

芥川龍之介短編集

絵で読む英語

イソップ物語

短編30話を読むことができます。

どのお話も短いため、テンポよく読むことができますよ。中学生にもおすすめ!

『イソップ物語』レビュー記事

イギリス民話

アンデルセン名作選

アンデルセン・クラシックス

アンデルセン珠玉

グリム名作選

グリム・クラシックス

グリム傑作童話集

ピーター・パン

美女と野獣

アインシュタイン・ストーリー

エジソン・ストーリー

ガンジー・ストーリー

あわせて読みたい
英語多読ガイド【ラダーシリーズ・レベル2】全32作品を紹介英語多読におすすめのラダーシリーズ・レベル2の全作品をご紹介します。 ラダーシリーズは、IBCパブリッシングが出版している多読のた...