勉強法

英語ができることで得られるメリットをご紹介【人生のレベルアップ!】

「英語って勉強する意味がある?」
「英語の勉強に嫌気が差してきたんだけど。」

いま英語の勉強をがんばっている人の中には、モチベーションが下がっている人がいるかもしれませんね。

そこで今回は、英語が出来るようになることで得られるメリットをご紹介します。

メリットを知れば、英語を続けるモチベーションになることまちがいなし!

この記事に記載した内容は、私自身が感じていることでもあります。
だから勉強してきて良かったと思っていますし、これからもしていきます。

英語ができることで得られるメリットはコチラ

1. さまざまな情報に触れられる
2. 友達が国境を越える
3. 視野が広がる
4. 居住地を日本に限る必要がない
5. 仕事の選択肢が広がる

1. さまざまな情報に触れられる

日本語に縛られる必要がないので、さまざまな情報に触れられます。

ニュースもYouTubeも、英語で発信されているものをそのままリアルタイムで見ることが出来ます。ブログもツイッターも、しかり。
日本語だけでもたくさんの情報に溢れていますが、英語で探してみるとより面白い情報にアクセスできることが多いです。

ゲットできる情報量が格段に増えるので、仕事でも趣味でも世界中の情報にアクセスできます

今は、さまざまな情報を世界のどこにいても瞬時に得られる時代ですよね。だから英語でその情報を獲得できるのは強みになります。

これだけでも英語ができるメリットは大きいと言えます。

2. 友達が国境を越える

英語ができると、友達は国境を越えます。

英語でコミュニケーションできるなら、相手が何人であろうと関係ありません。英語を母語とするアメリカ人やイギリス人、オーストラリア人だけでもないんです。タイ人、ブラジル人、フランス人、アルゼンチン人etc。人種を問わず友達になることができます。

外国人の友達ができるとどんなことがあると思いますか?

あなたの世界を広げてくれます。

たとえば、仕事観。仕事観は国によってまったく違います。

日本は、長時間労働することをいまだ美徳としている人が多いですよね。プライベートを削って自分の時間を差し出すことを求める上司。それを良しとする会社。本当はこのような働き方に無理があることに、みんな気づいて辟易し始めているのに、まだ変わりません。

この働き方は、日本独特のもの。

フランス人の友達からは、「仕事とプライベートのバランスが取れない人に、仕事ができる人はいない」と言われました。だから会社も上司も無理な仕事の仕方を要求しません。

私はいろんな国の人と仕事して、日本人の働き方が異常だと知りました。それからは、私はこの働き方を辞めました。それからは、仕事に対するストレスは減り、プライベートが充実しています。

好きでもない仕事を長時間させられて、「でもこれが働くってことだよね」とか「社会人ってこういうこと」と諦めている日本人が多いです。「そんなことないよ」と私が話をしても聞き入れてくれる人は少ない。
でも他の国の人からダイレクトに、その人の仕事観を聞かされたらおそらくインパクトが大きいと思うんですよね。

このように、日本と世界との違いを知るキッカケを友達は作ってくれます。

3. 視野が広がる

外国人の友達ができるメリットでお伝えしたように、視野が広がります。

日本にいて日本人にしか囲まれていないと、考え方がとても日本的になりやすいです。

「日本の常識は世界の非常識」という言葉があるように、あなたがいま普通だと思っていることが海外では通用しないことはたくさんあります。

「これは日本独自の考えだ」ということを知っていて、その考えを享受しているのならいいですが、ほとんどの人はその考えを日本独自の特殊なものであることすら知らないでいます。

今の時代に、閉鎖的な考えの中で生きていく必要はありません。

海外の書物を読み、海外の人と触れ合うことで、知らない世界に触れることができます。

英語=アメリカではありません。
英語=世界です。

英語が出来ると世界にアクセスできます。

日本独自の偏った考えや常識という小さな世界で生きているがゆえに、苦しい思いをしている人も多いと思います。
特に日本にいて生きにくさを感じている人は、海外に触れることをオススメします。

海外との距離を縮めてくれる英語は、あなたの救世主になってくれるかもしれません。

4. 居住地を日本に限る必要がない

英語ができると、海外に住むという壁が低くなります。住む場所って日本に限る必要がないんですよ、本当は。

英語ができると、居住地の選択肢が広くなります。

もちろんビザの関係で住みやすい国、そうでない国はあります。

でも生活する=日本という縛られた考えを持つ必要はありません。

私はいまタイに住んでいますが、また別の国に移動しようと考えています。

地球のどこでもあなたの舞台になり得ます。

その手助けを英語はしてくれます。

5. 仕事の選択肢が広がる

今あなたが何かのスキルを持っているのなら、それに英語を掛け合わせるだけで、仕事の幅が広がります。

とくに日本では、英語が話せることが一つのスキルとして扱われますね。なのでそれだけで選択肢が増えます。

しかも海外に出れば、英語が出来ればどんな仕事も転がっています。

英語はあなたの可能性をグンと広げてくれますよ。

まとめ

英語はただの言語にあらず。

英語はツールです。

英語ができれば、多くの情報に触れられます。
英語ができれば、様々な国の人と話ができます。

情報や人とのコネクションが多くなることで、あなたの人生は豊かになります。

「すぐにその実感がほしい!」と言う方は、ぜひSNSで日本人以外の人とつながってみてください。フォローするのは簡単ですね!

英語を介して広がる世界は、海のように広くて深いですよ。