勉強法

海外赴任に海外移住に、キンドルはマジでおすすめ!

私はいまタイに住んでいますが、日本から持ってきて良かったと思うモノのダントツ一位はキンドルです。

あなたがどこにいようと、日本語の本を常に携帯できちゃうし購入だってできちゃう。海外に住んでいようと、海外旅行中だろうと関係ありません。

日本語の本がいつでもどこでも読める。洋書も読めます。最高です。

私はキンドル歴7年。私が今住んでいるタイでの生活では大活躍していますし、海外旅行には必ず持って行きます。そんなキンドルファンの私が、キンドルの魅力をお伝えします!

もくじ

・キンドルのご紹介
・海外在住するならぜひ持っていこう!
・海外旅行でも大活躍
・キンドルのデメリット
・海外で、語学・文化・仕事の仕方を学びたくなったら

キンドルのご紹介


キンドルは読書のための専用端末です。
本物の紙のような読み心地を再現しており、一般的なタブレットのように目が疲れることがありません。

種類は3つ。

Kindle
Kindle Paperwhite
Kindle Oasis

比較はこちらから→アマゾン公式サイト

私はKindle Paperwhiteを使用しています。
Kindle Paperwhiteを選んだ理由は、「読書に特化して設計された端末」だから。純粋に読書を楽しみたかったのでPaperwhiteにしました。

最近は、マンガも読みやすいというKindle Oasisに買い換えるのもいいなぁ、と思っています。画面も大きいですしね。

海外在住するならぜひ持っていこう!

キンドルは、日本国外にいても使用が可能。
キンドルと自分のアマゾンアカウントが紐付いていれば、日本にいるのと同様に買い物をすることができます。Wi-fiにつなげれば、自分のキンドルにダウンロードは問題なくできちゃう。

海外生活が長くなると、恋しくなるのが日本語の本。

小説、ノンフィクション、雑誌・・・

海外で日本語で読める書籍に出会えると感動します!

私はタイに住んでいますが、バンコクには紀伊国屋があって、日本語の本を購入することが可能です。でも割高なんですよね。キンドルなら、紙の本と同等かもしくは若干安く購入ができます。バンコクの場合は、紀伊国屋で日本語の本が買えちゃうほど日本人が住みやすい環境が整っていますが、これはかなり稀なケースですね。

海外で日本語の書籍に出会えるなんてことはほとんどありません。

だからもし海外赴任や海外移住が決まったら、キンドルを持っていくことを強くオススメします

仮に日本語シックになっても、キンドルがあれば大丈夫!様々なジャンルの本を読めるので「あー日本語を読みたいっ」というあなたの要望を満たしてくれます。

日本のキンドルは日本でしか購入ができませんので、旅立つ前に購入することをオススメします。

海外旅行でも大活躍


海外旅行でもキンドルは大活躍。
事前に読みたい本をダウンロードしていけば、どこでも読めます。旅行先でも購入は問題なくできちゃいますよ。

読みたいときに読みたい本があるって、安心できます。

私は飛行機の機内と搭乗待ちによく読みますね。キンドルがあると、仮に飛行機が遅れても手持ち無沙汰にならないしイライラもさほど感じません。

機内でも大活躍です。機内食を終えると機内を暗くされることありますよね。そんなときでもキンドルのライトの調整をすれば、暗くされても問題なく読めちゃいます。

もちろん宿泊先のホテルでも、プールサイドでも、カフェでもどこでも楽しめるのがいい。

特に一人旅をしているときに、ちょっとした時間に読書してみてください。いつもとは違った旅にできますし、本を読む余裕のある旅ができるのもなかなかいいですよ。

私の海外旅行の持ち物リストには、必ずキンドルが入っています。

 

キンドルのデメリット

すばらしいキンドルですが、デメリットもあります。

すべての書籍が電子化されているわけではない

すべての書籍が電子化されているわけではないので、読みたい本がすべてキンドルで読めるわけではありません。
私は、キンドルで購入が出来ないとわかったらアマゾンのサイトで「Kindle化リクエスト 」をクリックしてます!

白黒のみ

白黒のみでしか読むことができません。

紙の本の場合、カラーで図解されているであろう部分は白黒。ゆえに図は見にくいことがあります。

雑誌も購入可能ですが、白黒です。

海外で、語学・文化・仕事の仕方を学びたくなったら

海外に行くと、語学の勉強へのモチベーションがあがるときがあります。そんなときにキンドルがあると、教材を購入できちゃう!
日本語で英語を勉強できる環境をキンドルで整えられるのは、めっちゃいいですよ。

語学以外にも海外赴任になった場合、海外で仕事をするということ、外国人と仕事をするということ、その国の文化などを学ぶ必要が出ることもあります。
そんなときも、キンドルがあなたを助けてくれますよ!

私も多国籍企業で勤務になったときに、どのように振舞ったらよいのか、上司にはどう接したらいいのかなどわからないことだらけでした。キンドルで日本語で情報を得られたのは、本当に良かったですね。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

自分の英語強化に。

ハートで感じる英文法

文法を勉強したくなったら!読書するように読める文法書です。

英語で日本紹介ハンドブック

外国人と付き合って行く中で、日本の文化を話すことって出てくるんですよね。これを読んで事前に勉強!

世界で働く人になる! [人づきあいと英語のスキルを劇的に上げる41の方法]

私はこれで、外国人に囲まれながら仕事する意識を学びました!勇気付けられたのを覚えています。