勉強法

英語のスピーキング力をアップするには「話しまくる」【これしかない】

「英語をがんばって勉強しても、なかなか話すのがうまくならない」

「英語を話すとなると、緊張してうまく話せなくなっちゃう」

こんな風に、英語を話すことが苦手な人は多いですよね。

ではどうしたら英語のスピーキング力をアップさせることができるでしょうか。

それはズバリ!話しまくることです。

スピーキングに慣れるには、スピーキングをするしかありません。

この記事では、話すことの重要さとその方法を解説します!

1. 話すことでしかスピーキング力は鍛えられない
2. 話しまくるための方法4つ

話すことでしかスピーキング力は鍛えられない


話すことに慣れるには、話さなけれなりません。

単語を知っていても、口から出るかは練習次第

会話が苦手と感じている人の多くは、単純に会話量が足りていない場合がほとんどです。

何事も慣れるには練習が必要。

どんなにテキストを勉強しても単語を覚えても、「話す」という行為をしなければいつまでたっても上達しません。

上手になるには実践あるのみ!!

知っている単語を会話に登場させられるかどうかは、練習次第です。

覚えても口から出てこないってことありますよね。それは口が慣れていないから。

だったら慣れさせましょう。

どうしたら慣れるでしょうか?答えは簡単です。

口に出して、実際のコミュニケーションの場でどんどん使っていくことです。

話す訓練を続けることで、話す感覚が身に付き英会話ができるようになっていきます。

話したいならTOEICを目指すな

英会話を上達したいと言う人が「TOEIC○○点目指します!」と言っているケースが目立ちます。

TOEICを勉強のモチベーションにするのはいいですが、TOEICでは英会話は上達しません。英語の知識が付くだけです。なぜならTOEICはただのペーパーテストだから。

スピーキングのテストを受けるならまだしも、いま一般的に認知されているTOEICのペーパーテストの点数を目標点にしても、自分の想像したような会話力は付きません。

話したいなら実際に話すことでしか会話力は育たないし、書きたいなら書くことでしか成長できません。

話せるようにするには、「どうしたら話す場を作ることができるのか」を考えて行動しましょう。

本当に話せるようになりたいのなら、TOEICは忘れて会話することに集中してください。

TOEICの点数を目標にすると、どうしてもお勉強って感じになってしまいますが、話すことをメインにした勉強法はけっこう楽しいですよ。

話しまくるための方法4つ


話すことに特化した方法を集めました!
どれも私自身が実践した方法です。

オンライン英会話を受講する

英会話スクールのレッスンを受けましょう。
通常の英会話スクールより、オンラインスクールのほうがオススメです。なぜなら、毎日受けられるスクールが多く、通学スタイルより気軽だから!

スマホが一台あれば、手軽に受けられます。

私はDMMを使っていますが、どこのスクールも無料体験レッスンがあるので気になる方は試してみましょう。

毎日受けられるオンライン英会話は、まさに「話す」ことを目的としていて、会話上達にぴったりです。

<毎日受講できるオンライン英会話>

友達をつくる

どんどん友達を作りましょう!
日本にいても外国人の友達を作ることは簡単!
イベントや飲み会の参加すれば、いろんな人と出会えます。

・Facebookでイベント探す
・Meetupに参加する

友達ができると、Lineでのやり取りもあるので楽しいですよ!

たまにアメリカ人やイギリス人などの英語ネイティブにこだわる人がいますが、英語でのコミュニケーションに慣れたいのであれば、国籍にこだわらなくてもOK!非ネイティブでも十分に英語力は上げられますし、なによりいろんな国の人と友達になれるのは楽しいです。

外資系に就職する

仕事で英語が必要になったら、これはもう話すしかないですよね。

私も英語で仕事をするようになってから、会話力は格段にアップしました。

ちなみに仕事で英語力を上げると、一石二鳥どころではなくたくさんのベネフィットがあります。

きちんとした英語を見に付けられる。

ブロークンな英語を話していると信用されません。またスラングを多用しない会話力を磨くことができます。

仕事しながら英語力を上げられる。

会議に出席している間も資料を英語で作成している間も常に英語モードなので、わざわざ英語を勉強する時間を作らなくても英語力は上がります。

他にも、外国人とのコミュニケーションに慣れたり、外国の仕事の仕方を覚えることができます。

仕事で英語を使う環境を作るのは、英語力アップだけではないメリットがあります。

 

海外に住む

思い切って海外に住んでしまいましょう。
「えっ!海外に住む!?」とビックリするかもしれませんが、海外に住むことは難しいことではありません。

海外に住む方法

・観光ビザで滞在
・海外就職
・留学
・ワーホリ

観光ビザ
一番簡単な方法は、観光ビザやノービザで滞在する方法です。
30日~60日滞在出来る国は多くあります。

海外就職
海外就職もいいですね。
東南アジアなどは海外就職がしやすいです。私も実際にタイに5年間住んでいます。
海外就職に強いエージェントに登録すれば、あなたの仕事場は世界が舞台です。

<海外就職にも強いエージェントはこちら>

JAC Recruitment(世界に8拠点あるエージェントです)
リクルートエージェント(国内・国外最大手。アジア案件多数。)

留学
留学も英語に浸れる環境ですね。
留学は学生だけがするものではありません。社会人向けのコースが用意されているところもあり、短期留学も夢ではありません!
留学ジャーナル

ワーホリ
年齢制限があるワーホリですが、応募資格があればワーホリも選択肢の一つです。
ワーホリならアルバイトが出来たりと、現地で働くことも可能。

英語は話さないことには、話せるようにはなりません。
オンライン英会話を受けるもよし、海外に移住してみるもよし。探すと方法はいくらでもあります。

まずはどうしたら、英語で会話する機会を作れるか考えて行動してみましょう。