児童書

洋書『Charlie and the chocolate factory(チョコレート工場の秘密 )』|英語で本を読む楽しさに出会える

児童書『Charlie and the chocolate factory(チョコレート工場の秘密)』をご紹介します。

ぽっぽー
ぽっぽー
多読に人気の小説だよね!

Charlie and the chocolate factory』はイギリスの作家ロアルド・ダールの児童小説です。

世界中で人気のある作品。児童書ですが、風刺やブラックユーモアが随所に出てきて、大人でも読み応えがあるストーリーです。

英語の言葉遊びやリズムを楽しむことができるのもおすすめのポイント。

初心者にも手に取りやすくて、洋書を読む楽しさを味わえる一冊です。

『Charlie and the chocolate factory』の難易度

中学英語までの文法を学び終えていれば、読むことができます。

ぽっぽー
ぽっぽー
英検3級、TOEIC450からチャレンジできるよ!

【単語】
学校では習わない単語や表現がたくさん出てきますが、意味を推測しながら読むことができます。

【文章】
リズムがつかめると、どんどん読んでいくことができます。

【ストーリー】
ブラック・ユーモアがわかると、英語で本を読む楽しさを感じることができますよ。道徳が説かれていて、わかりやすいです。

単語 ★★☆☆☆
文章 ★★☆☆☆
ストーリー ★★☆☆☆

洋書初心者にオススメ!『チョコレート工場の秘密』

ぽっぽー
ぽっぽー
『Charlie and the chocolate factory』の評判がいいのはなんでなの?

大人が読んでも楽しめる魅力が詰まっています!

  1. ブラックユーモアが大人にもピリリと効く
  2. ストーリーの展開が読めちゃうけどワクワク感が続く
  3. イキイキとした英語に触れられる

読み始めると、ストーリーの世界にどんどん入り込めちゃう魅力をご紹介します!

【1】 ブラックユーモアが大人にもピリリと効く

ところどころにブラックユーモアが散りばめられています

大人が読むと「こんなの子どもに読ませて大丈夫?」ドキッとするところもあるんですよね。

でも全体的に道徳を説いているので、皮肉やイヤミが腹落ちするというかしっくりくるんです

この小気味よさが散らばっているので、読んでいて止まらないんですよね。

ファンタジーですが、ブラックユーモアによって現実に戻されるような感覚が定期的に訪れるんです。

だから大人の多読にも人気なんですよね。

【2】 ストーリーの展開が読めちゃうけどワクワク感が続く

道徳を説いているので勧善懲悪の感じが全体的にあり、ストーリーの展開は読みやすいです。

にもかかわらず、ページをめくる手が止まらないんですよね。

これはまさに、ロアルド・ダールマジック!

次が読みたくなっちゃうのは、英語のリズムの良さやストーリーの面白さがあるから。

児童書なのにグイグイと引き込まれてしまいます。

【3】 イキイキとした英語に触れられる

ロアルド・ダールの作品はイキイキとして、まるで作品が呼吸をしているのように自然に読んでいくことができます。

『Charlie and the chocolate factory』には歌が出てきますが、読んでいてリズミカルですし、初心者でも韻が踏まれていることに気づくことができます。

歌だけでなく、描写や会話文も軽やかで、情景が繊細にイメージできちゃうんですよね。

本の上を英文がぴょんぴょん飛び跳ねているかのような軽さを感じられます。

教科書や試験の英文って、堅苦しい感じがしませんか。

でも、ロアルド・ダールの作品は読んでいて心地が良いんですよ。

多読に人気のロアルド・ダールですが、日本以外の世界中で評価されている理由がわかります。

映画でも楽しめる!

ぽっぽー
ぽっぽー
『Charlie and the chocolate factory』は映画化されていて、2作品あるんだよね!

2つの作品で映画化がされています。

映画と原書を比べるのは楽しいですよ。映画の見比べも面白いです。

ジョニー・デップ主演の『チャーリーとチョコレート工場』は、監督がティム・バートンで、監督とジョニー・デップが作り出す独特な世界観を楽しむことができます。

ジーン・ワイルダー主演の『夢のチョコレート工場』は、1971年に公開。ジョニー・デップ主演の作品より、原作に忠実に映画化されています。

CGの技術が今ほど発達していない時代に製作されているため、あの手この手で原作の世界観を演出しているのですが、そこが愛らしいポイントです。

映画のレビュー記事があるのでぜひご覧ください。→映画『夢のチョコレート工場』で学ぶ英語 日常会話10選

わたしは原書を読んでから映画を2作品を観ました。

私は映画より原書の方が好きですね。挿絵と自分でイメージした世界が一番楽しめました。

ジョニー・デップ版は登場人物のキャラが濃すぎるし、ジーン・ワイルダー版は歌とダンスが好みじゃなかったですね。

原書と映画を比較するのは、多読の楽しみ方の一つですよ。

映画は2作品とも動画配信サイトで観ることができます。(※2021年8月の情報です。詳しくは公式ページでご確認ください)

チャーリーとチョコレート工場(ジョニー・デップ主演)

夢のチョコレート工場(ジーン・ワイルダー主演)

あわせて読みたい
映画『夢のチョコレート工場』で学ぶ英語 日常会話10選こんにちは!英語で人生を豊かにしているケイトです。 映画『夢のチョコレート工場(Willy Wonka & the Cho...

まとめ:心地よい英語のリズムでどんどん読める!


著者のロアルド・ダールは、質の良いストーリーたくさん書いていて世界中から高い評価を受けています。

英語のリズムが心地いいので、読書の楽しさを味わえます。

ロアルド・ダールの本から、多読ライフをスタートしてみませんか?

わたしは多読を始めたころに、ロアルド・ダールの本を全部読みました。

Charlie and the chocolate factory』の世界はもちろんですが、他の作品で繰り広げる世界が可愛らしくて、どんどん読み進めることができるんですよね。

ロアルド・ダールの本を読み重ねていくことで、英文と読むことと英語でストーリーを楽しむことに慣れていくことができました。

大人でも楽しめるロアルド・ダールの作品。本を読みながら英語力をあげることができる多読の魅力が詰まっています。

続編の『Charlie and the Great Glass Elevator』も魅力いっぱいです!『Charlie and the chocolate factory』を楽しんだら、その勢いで続編を読むことをおすすめします!

あわせて読みたい
【多読初心者】洋書でホッコリ ロアルド・ダールの『ESIO TROT』こんにちは!英語で人生を豊かにしているケイトです。 今回は多読初心者から楽しんで読める『ESIO TROT』をご紹介します。 ...