勉強法

映画「クレイジーリッチ」で学ぶ英語 日常表現10選

映画「クレイジーリッチ」で英語を学びましょう!

映画を使って英語を勉強するのはとても効果的な方法です。
その理由は2つ。

・日常会話のオンパレード
・リスニングが強化できる

好きな映画なら何度見ても飽きないですよね。
映画ならちょっとした表現も学べちゃうので、英語学習にはおすすめです。

「クレイジーリッチ」から日常会話で使える表現を10個まとめました。
楽しく英語を身につけちゃいましょう!

「クレイジーリッチ」で学ぶ日常会話10選!

映画「クレイジーリッチ」から使える表現を10つピックアップしました。映画を見ながら英語力を上げちゃいましょう!

1. You must have made a mistake.(勘違いされているのでしょう。)

完了形を使った表現です。
イギリスのホテルにてスイートルームを予約したのに、アジア人ということで宿泊を拒否されるエレノア。「ちゃんと予約しました」というエレノアに対して、ホテルのマネージャーが言い放つセリフです。

<使用例>
A: I reserved a table for two at 8. (8時に二人で予約したんですけど。)
B: We don’t find your name. You must have made a mistake.(お名前が見あたらないですね。勘違いされてるんじゃないですか?)

2. Couldn’t be better.(最高だよ)

調子や様子を聞かれて、「最高だよ」と言いたい時の定番フレーズです。

<使用例>
A: How are you doing?(調子はどう?)
B: Couldn’t be better. (最高よ。)

3. She’s really grounded and down to earth.(彼女はしっかとりとしていて、地に足がついてるよ。)

人の性格を表す表現を学びましょう。
be grounded「しっかりとしている」
down to earth「地に足がついている」「現実的な」

性格を表す表現は、たくさん知っていると表現の幅が広がります。
映画やドラマではたくさん出てくるので、出てくるたびにメモして表現のストックを蓄えましょう!

<使用例>
A: How”s he like?(彼ってどんな感じ?)
B: He is grounded and down to earth.(しっかりとしていて、地に足がついてるね。)

4. Let me get this straight.(話を整理させて。)

日常会話でよく出てくるフレーズです。
話の内容を整理したいとき、確認したいときに使えます。

<使用例>
A: Let me get this straight. You graduated from Tokyo University and there are no job for you?
(ちょっと整理させて。東大出てるのに、仕事がないってこと?)
B: Yeah.(そうなんだ。)

5. It’s spectacular.(見事だね。)

圧巻、壮観、目を見張らせるなどと表現したいときに使えるspectacular。
形容詞をたくさん覚えると、会話がしやすくなります。
覚えて実際に使ってみましょう。

<使用例>
A: How was the show?(ショーはどうだった?)
B: It was spectacular.(圧巻だったよ。)

6. I’ll keep Rachel company.(レイチェルと一緒にいるから。)

Keep someone companyで「同行する」「お供をする」「相手をする」という意味になります。

<使用例>
A: I’ll keep your kid company. Don’t worry. (あなたの子供の相手してるから。心配しないで。)
B: Thank you.(ありがとう。)

7. It’s ancient history now.(今じゃ大昔の話だけどね。)

昔あった出来事を話すときに使う表現です。「今となっては昔のこと」と言いたいときに使いましょう。

<使用例>
A: We fought hard at the time. (あのとき私たちめちゃ喧嘩したよね。)
B: Yeah. It’s ancient history.(今となっては大昔のことだね。)

8. It’s not that simple.(そんなにシンプルなことじゃないよ。)

「そんなに簡単なことじゃないよ」「意外と複雑だよ」と言いたいときに使える表現。

<使用例>
A: Why don’t you change your job?(転職すればいいじゃん。)
B: It’s not that simple.(そんな簡単なことじゃないんだよ。)

9. Michael is having an affair.(マイケルは浮気してるの。)

“have an affair”で「浮気している」という意味になります。

<使用例>
A: I know what you’re hiding. You’re having an affair!(あなたが隠してること知ってるんだよ。浮気してるでしょ!)
B: What? What are you talking about?(は?何言ってんの?)

10. You have every reason to be upset.(君が怒るのも当然だよ。)

“You have every reason” で「あなたはすべての理由がある」というところから、「〜して当然」「~するのはもっともだ」「~なのも無理はない」という意味になります。
使える表現ですよ。

<使用例>
A: I hate going those kind of party.(ああいう類のパーティに行くのはウンザリ)
B: You have every reason to think like that.(そう考えるのも無理ないね。)



「クレイジーリッチ」の視聴方法

映画って本当に英語の勉強に最適!好きな作品なら楽しみながら勉強できるし、一人で気ままに学習できるとても良い教材です。
「クレイジーリッチ」は気軽に視聴できるし見ていて面白い!日常表現を10つ選択しましたが、実際は使える表現がもっといっぱいあります。ぜひ見てみてください!
「クレイジーリッチ」の視聴方法をご紹介します。

U-NEXT(31日間無料)
アマゾンプライムビデオ(30日間無料)
動画配信サービス【TSUTAYA TV】(30日間無料)
DVD購入

動画視聴サービスなら、スマホやタブレットで見ることができるので、勉強する場所を選びません。便利ですよね。どのサービスもお試し期間があるので、無料で視聴も可能。
何度も繰り返し見たいならDVDを購入してもいいですね。セリフを暗記してしまうほど何度も繰り返し見るというのも、効果的な学習法です。

楽しいから続けられる。続けられるのは英語を勉強する上でとても大切です。
映画を使って日常表現をどんどん吸収しましょう!

U-NEXT

本もおすすめ!

「クレイジーリッチ!」は原作の本「Crazy Rich Asians」があります。こちらの原作もおすすめ!

本と映画では多少異なる場面もあるので、映画を観た後に原作を読んで内容を比べてみるのも面白いですよ。
原作のレビューをしているので、興味のある方は見てみてください!
→レビュー記事:女子にオススメ洋書!Crazy rich asians クレイジー・リッチ・アジアンズ