勉強法

英語嫌いな中学生の英語克服法【毎日コレをやるだけ!】

「英語だ大っ嫌い」
「なんで英語なんて勉強しなきゃいけないの?」
「英語の成績を良くする方法は?」

英語を本格的に勉強し始める中学生。

最初はやる気になっていても、途中から文法がよくわからなくなり、単語の暗記もウザイ・・・

英語は不得意だと感じている中学生のみなさん。その気持ちよくわかります。なぜなら私も英語が大嫌いだったから。

この記事では英語が嫌いな中学生のために、英語の勉強法について解説します。

1.これだけで英語の成績がグンとアップ

2.英語を勉強するメリット

私はいま、海外でグローバル企業で英語を使いながら仕事をしています。
毎日当たり前のように使っている英語ですが、中学2年までは赤点を取るほど英語が苦手でした。
そんな私が、中学3年のころには英語が得意科目に。

やったことはたった一つでした。

1.これだけで英語の成績がグンとアップ

ドリルを毎日2ページやる。ただこれだけ。

市販の英語ドリルを毎日2ページやる。

2ページであれば負担が少なく毎日取り掛かれますよね。ココがポイントです。

ここからは体験談を交えてお話します。
私は中学3年の時に中学1年のドリルを買い、毎日2ページ進めました。
ルールはただ一つ。毎日やること。

部活で疲れていても、見たいテレビがあっても必ず毎日やりました。

私は何事も三日坊主ですが、これだけは続けることができました。

その理由は一つです。時間が長くかからないということ。

2ページこなすのに必要なのは15分から30分。これだけれあれば、そんなに苦痛ではなかったんです。だから続けることができました。

もしこれを毎日一章やるとなると1時間以上かかっていたでしょう。1時間も机に向かって苦手な英語と格闘するなんて、当時の私には無理でしたね。

15分なら無理なくできる!

時間で区切るのはあまりお勧めできません。
例えば、「毎日1時間英語を勉強する」というように時間で目標を決めたとします。毎日1時間ってかなりキツイと思いませんか。得意教科ならまだしも苦手科目を毎日1時間だなんて、苦痛でしかありませんよね。

しかも部活で忙しい、見たいドラマ・YouTubeがある。そんな環境の中で1時間を苦手強化に費やすのは負担が大きすぎます。

それが15分程度ならどうでしょう?
2ページで15分なら、そんなにストレスなく進められるものです。

私は英語が大嫌いでしたし、いまでも勉強嫌いです。そんな私でも続けられたから大丈夫。
1日2ページ。これなら出来そうでしょ?今日からやってみましょう!!

オススメのドリルを紹介します。

英語がまったくダメなら中1からスタートしましょう。下記に紹介しているのは中一のドリルですが、中一の内容はマスターできているなら中2から初めてOK!

実際に書店に行って、「これなら出来そう」と思えるものを探してみましょう。

私も英語が大っ嫌いでした。中3のときに中1の内容がわかっていなかったです。

英語は中学1年生で挫折。文法もわからないし、単語の覚えられない状態でした。

中学に入って、英語頑張るぞ!と意気込んでいたわたし。しかし、1年生の2学期にはすでに成績は悪くなっていました。

なぜなら、文法がまったく理解できなかったのです。動詞が変化するのも意味がわからない。しかも不規則に変化する動詞は頭の中が「???」でした。動詞の存在そのものが理解できない感じです。

三人称単数のSとか複数のSも、頭の中でごちゃごちゃでした。複数はSが付くとかもう理解不能です。。。

途中から授業についていけなくなり、「英語わからん!」と投げ出してしまいました。

ここから英語の授業は苦痛でしかなかったし、テストはいつもほぼ最下位。

とにかく英語から逃げていました。

3年生の2学期には成績上位に、3学期には英語が得意科目

3年生の3学期には英語が得意科目に。周りからも先生からも「英語ができる生徒」として認知されるようになりました。

中学3年生の1学期には、動詞の過去形も言えない状態だったににもかかわらずです。

「英語まったくわからん!」という状態から一念発起。親から「高校になったらますますついていけなくなるぞ!」とかなり叱られたのがキッカケ。

市販のドリルを買って、毎日2ページやりました。

毎日ドリル2ページをやっていくと、英語の理解度がどんどんアップ。3年生の3学期には成績でトップを取れるようになりました。

毎日ドリルをやることで、文法が一つ一つわかっていったんですね。いままでカオス状態だった頭の中が一つ一つ整理されていったんです。

そしたら一気に英語が得意科目となっていました。

今まではルールとして決めていた2ページのドリルを終えると、自然に自分で勉強をするようになりました。

ポイントは毎日やること。一度まわりだした車輪を止めないように、毎日少しでもいいからやる。

そしてもう一つ分かったのは、中学英語は基本しかやらないからそんなに難しくない、ということ。

中学3年の1学期で、1年から2年の学習を終えることができちゃうんです、実は。

文法って難しくて複雑にみえるかもしれませんが、丁寧に取り掛かれば実は克服しやすい内容なんです。

英語を勉強するメリット

英語ってなんのために勉強するのでしょう?

視野が広がる

英語は視野を広げてくれます。
英語を学ぶことで、英語圏の文化や風習に触れる機会が増えます。

例えばクリスマス。「クリスマスなんて日本でも祝ってるし知ってるよ」と思うかもしれませんが、日本とアメリカではクリスマスの捉え方や過ごし方がまったく違います。
アメリカでは家族で過ごすクリスマスですが、日本では恋人同士で過ごすのが定番になっていますね。
このような違いを知ることで視野が広がっていきますが、英語はその手助けをしてくれます。

英語でニュースを読んだり本を読むと、海外の情報が入ってきます。
海外の友達と話せば、価値観や人生観の違いを知ることができます。

さまざまなことを知るということは、人生の選択肢を増やし生き方を豊かにしてくれます

行動範囲が広がる

英語ができれば世界のどこにだって行けます。

英語ができると、日本語が通じない国でもコミュニケーションがしやすくなります。

もちろん英語を母語としない国の方が多いですが、英語を勉強している人たちは多い。

旅先での不安は英語ができるとかなり払拭されます。

友達が国境を超える

世界中に友達を作れます。

英語ができると英語で友達を作ることができます。

私はアメリカ、オーストラリア、イギリスだけでなく、イタリア、フランス、タイ、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、スペインなど様々な国の人たちと交流を持っています。

これは英語でコミュニケーションができるから。

世界中で友達100人だって夢じゃありません!

まとめ

英語が苦手でも大丈夫。今から挽回できます。

毎日2ページドリルをやりましょう。

平日だけじゃなく土日も。たった15分ならやれます

英語が得意になったら、新しい世界があなたを待っているかもしれません。

私は英語を使って海外で仕事していますが、今も英語は継続して勉強しています。

一緒にがんばりましょう!