洋書多読

【洋書多読】英語で読もうダ・ビンチ・コードThe Da Vinci Code

こんにちは、ケイコです。

原書を読む喜びを味わうことができる「The Da Vinci Code」のご紹介です。

The Da Vinci Code」は2003年に発売されたダン・ブラウン著の長編推理小説です。「Angels And Demons(天使と悪魔)」に次ぐ「ロバート・ラングドン」シリーズの2作目。

The Da Vinci Code」は言うなれば知的推理小説で、単なるミステリーとは違うアカデミックな内容が含まれています。

トム・ハンクス主演で映画化されているのをご存知の方もいるかもしれませんね。

ルーブル美術館の館長が殺されるところからスタートし、現場に残された暗号を解読すると共に殺人の真相に迫るストーリー。

タイトルにあるようにレオナルド・ダ・ビンチがポイントとなっています。「モナリザ」や「最後の晩餐」「岩窟の聖母」「ウィトルウィウス的人体図」に秘められた歴史や事実が解き明かされていき、読むごとに知的好奇心が刺激されます。

舞台がフランスとイギリス。教会や大聖堂・美術館が出てくるので、旅している気分になレルのもポイント。

500ページほどあり、かなりのボリューム。家やカフェでまったり読みたくなる物語ですよ。

世界で大ヒットした「The Da Vinci Code」をご紹介します。

英語のレベルと難易度

英語のレベルは高いです。対象はTOEIC850以上、英検準1以上。

美術やキリスト教に関連する単語が出てきますので、普段は見慣れない言葉がたくさん登場します。歴史の話やトリビアがたくさん登場。簡単に理解できるようなたやすい内容ではなく、ちょっと難解ですね。

歴史や美術が好きな方にはもちろん、上級レベルの方やステップアップしたい中級者におすすめです。

単語★★★★☆
文章★★★★★

ダ・ビンチ・コード ここが面白い!

44言語に翻訳され7,000万部の大ベストセラーとなった「The Da Vinci Code」。
7,000万部って驚異の部数ですよね!だから面白くないわけがないんです!

面白ポイントはこんなところ。

・レオナルド・ダ・ビンチの作品のトリビアが面白い!
・フランスやイギリスを旅している気分に
・ラストが最後まで読めないドキドキ感

■レオナルド・ダ・ビンチの作品などのトリビアが面白い!
主人公はロバート・ラングドン。ハーバード大学の宗教象徴学の教授です。

「モナリザ」「最後の晩餐」「ウィトルウィウス的人体図」「岩窟の聖母マリア」などのダ・ビンチの作品に秘められた謎や解釈がたくさん出てきて、「へ〜そんな意味があったんだ」「こんな歴史があったから、こういう描き方になっているのね」など、へぇ〜へぇ〜の連続です。

私は絵画や歴史には疎いのですが、そんな私でも楽しむことができました。

実際の絵を見たくなっちゃいますよ。

■フランスやイギリスを旅している気分に
フランスのルーブル美術館エッフェル塔サン・シュルピス教会や、イギリスのウェストミンスター寺院ナショナルギャラリーテンプル教会が出てきます。

外観や内観の説明が詳しくされていたり、その場所にまつわる歴史や事実の説明があるので、まるで旅をしているかのような気分に。

しかも旅したくなっちゃうんですよ!旅行したいウズウズ感が止まりません。

イギリスやフランス旅行前に読むのもおすすめです。

■ラストが最後まで読めないドキドキ感
出てくる暗号は一つじゃないんです。一つ解読すると、また別の暗号が出てくる。しかも解答が複数の意味を持っていたりするんです。

だから、次の展開を読むのが難しいんですよね。
だから最後の最後まで「ラストはど〜なんの?」と気になって仕方がありません。

ネタバレになったらごめんなさい、私最後はちょっと泣いてしまいました。

実際に出てくる表現を見てみよう!

実際に出てくる文章を3つ見てみましょう。
(※上級者が対象のため日本語訳はつけていません。)

ルーブル美術館のガラスのピラミッドの賞賛と批判

Goethe had described architecture as frozen music, and Pei’s critics described this pyramid as fingernails on a chalkboard.

ルーブルのガラスのピラミッドについての記述が面白くされていて、この文章はその一部。

私は、「ピラミッドのライトアップきれい〜」ぐらいにしか思っていなかったのですが、評価は賞賛と批判に別れているようですね。

フランス人がアメリカ人にする質問「ピラミッドのことどう思う?」のことを、「ピラミッドを好きと言えば悪趣味なアメリカ人と思われ、嫌いと言えばフランスへの侮辱になる、厄介な質問」と記載されていて、面白いなと思いました。

オプスデイとは?

The media was now referring to Opus Dei as ‘God’s Mafia’ and ‘the Cult of Christ’.

オプス・デイとは、キリスト教のカトリック教会の組織のひとつで、「The Da Vinci Code」に頻繁に登場します。
本書でオプス・デイの認知度が上がったようですね。

一部分の特殊な祈りの方法が紹介されていて、読者としてはカルト集団のようにみえます。著者のダン・ブラウンは「事実に基づいている」としていますが、オプス・デイの記述についてはオプス・デイが公式に反論しているので、どこまで信じるかは読者に委ねられています。

シンボルの意味を知る

‘Symbols carry different meanings in different settings,’ Langdon said.’Primary, the pentacle is a pagan religious symbol.’

ロバート・ラングドンは宗教象徴学の教授なので、様々な象徴の説明が出てきます。
宗教や歴史が絡んできて、様々な要因を取り込みながら説明するラングドンの言葉は、わかりやすくてGood!

難しい内容でも楽しめる。世界中でヒットしたのも頷けます。

私は読了するのに、2ヶ月かかりました。内容理解するのに時間がかかったため、読むスピードがとても遅かったんです。
それでも先が気になるので挫折することなく読み切ることができました。

ラングドンはシリーズ化されていて、次の三作目は「ロスト・シンボル」。

私は、ちょっと息抜きしてから読んでみようと思います!

本を読む前や読んだ後に映画を楽しむのもいいですね。