児童書

セルフブランディングは今も昔も大切だった!伝説の女性射撃手アニー・オークレイ

アフィリエイト広告を利用しています

英語児童書『Who Was Annie Oakley?』をご紹介します。

ギャップ萌えは昔も今も変わらない!セルフブランディングの大切さを学べる一冊です。

伝説の女性射撃手 アニー・オークレイ

アニー・オークレイを知っていますか?

1800年代後半にアメリカで大活躍していた射撃手です。

英タツ
英タツ
『アニーよ、銃をとれ』という映画やミュージカルがあるよ!

アニー・オークレイは、アメリカだけでなくイギリスやフランスでも名を馳せた人気射撃手でした。

女性が銃を手にするのは考えられない時代に、子供のころからバツグンのセンスを見せるアニー。

そのスキルを使ってキジのハンティングで稼ぎを得ます。その後、ライフルのパフォーマーとしてサーカスに入団。

舞台で着る衣装をアニーは自分で用意することにしました。作ってたのは、ふわっとしてかわいらしいファッション。

そう、あえて幼く見えるようにしていたのです。

男性しか手にしなかったライフルやピストルを手にし、かわいらしい女の子が的にバンバン的中させていくのです。

観衆はギャップ萌えしていたよう。

今アニーがSNSやってたら大バズりだったこと間違いなし!

今も昔もセルフブランディングって大切なんだと気付かされます。

常識にとらわれない勇気、新しいことに挑戦し続ける好奇心、そして謙虚でいつづけることの大切さをアニーの生涯から学べます。

レベルと難易度 – 英語ネイティブの児童向け

本書は英語ネイティブの8〜12歳が対象です。

英タツ
英タツ
英検2級、TOEIC550からチャレンジできるね
単語 ★★☆☆☆
文章 ★★☆☆☆
ストーリー ★★☆☆☆

(※レベルは目安です)

あわせて読みたい
英語多読で教養を身につけられるWho wasシリーズ!最高におすすめなワケアメリカの児童書【Who was シリーズ】をご紹介します。 Who wasシリーズはアメリカの出版社から出されている洋書。 ...

実際の文章をみてみよう!

実際に出てくる英文を見てみましょう。3つピックアップしました。

衣装でセルフブランディング

Her girlish costume and her lighthearted entrance were meant to be misleading. Annie looked like a schoolgirl, but the moment she picked up her gun, she was all business.

女の子とライフルというギャップを演出するために、幼く見える衣装を自分で用意していました。

10歳にしてお手のもの

“I guess the love of the gun must have been born in me,” she said. By the time she was ten, she was handling her father’s rifle with ease.

10歳にして銃の操作をいとも簡単にしちゃいます。生まれながらに備わっている才能ってあるんですね!10歳の子が銃を触っている姿は恐ろしいですが…

アニーはコカイン中毒者だった!?デマを流される

Then a news story calling her a drug user was published in 1903. “Annie Oakley Begs Court For Mercy: Famous Woman Crack Shot… Steals to Secure Cocaine,” read one headline. “Annie Oakley in Prison, Famous Rifle Shot of Buffalo Bill’s Show a Cocaine Victim,” read another.

新聞に薬物中毒とデマを流されてしまいます。アニーは自分のイメージに傷がついたことが許せず、新聞社からの謝罪だけでは物足りず裁判にも挑みます。

【NEXT STEP!】次はこの本にチャレンジ!

Who Wasシリーズには、アニーが関わった人物や時代を取り扱ったタイトルが3つあります。

アニーが生きた時代に関連する事柄を続けて読んでみましょう!

アニーをベタ褒めヴィクトリア女王

喪に服していたヴィクトリア女王でしたが、アニーを見るために公の場に姿を現しました。

大恐慌時代を生き抜きました

サーカス団として全米をまわっていましたが、大恐慌時代の苦しい時期も乗りきります。
大恐慌がイチからわかります – レビュー記事

トーマス・エジソン会社に電気配線を依頼

サーカス団の大型施設を建設した際、電気配線はトーマス・エジソンの会社に頼みました。


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/pinokei/pinomondo.com/public_html/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/pinokei/pinomondo.com/public_html/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9