洋書多読

ローマの休日を英語で読もう!【中学英語で楽しめる】

こんにちは、ケイコです。

今回は、映画「ローマの休日」を英語学習者のために編集したラダーシリーズ「ローマの休日 Roman Holiday」をご紹介します。

「ローマの休日」といえば、オードリー・ヘップバーン主演の名作映画

1953年に制作された白黒映画で、古さを感じつつもストーリーは新鮮で今も人気の映画です。

私は小学生の時に見て、「古い映画って面白いな」と感じたのを今でも覚えています。

オードリー・ヘップバーンは美しいし、ワクワクキュンキュンしちゃう映画ですよね。

「ローマの休日」が英語学習者用に本となっていると知って、早速読んでみました!

映画をみたことのある人なら、かなり読みやすい一冊。おすすめです!

ローマの休日を読もう!

「ローマの休日 Roman Holiday」のおすすめポイント3つはこちら!

・会話文が多い
・平易な英語
・テンポが良い

◼️会話文が多い
王女のアンと記者のジョーのやりとりが多く読みやすいです。

アンは王女らしく、とても丁寧な言葉遣いをしています。ジョーもアンに対して、礼儀正しく接しています。なので綺麗な会話に触れることができて、読んでいて心地がいい。

小説では会話文はフランクになりがちですが、「ローマの休日 Roman Holiday」は丁寧で綺麗な会話文を読むことができます。

◼️平易な英語
ラダーシリーズは5つのレベルに別れているのですが、本作はレベル2です。

レベル2は中学英語に、頻出する単語が加わった英文で構成されています。

なので、中学英語までの復習ができている方や多読初心者におすすめ

映画をみたことある方は読みやすいと思うので、本書をチョイスするといいですね。

◼️テンポが良い
テンポよく話が流れていくので、飽きることなく読めます。

シーンの切り替わりが早いので、読む手が止まりません。

読むスピードが遅くても、ハマってしまうと一日で読むこともできちゃいます。

多読にはスピード感が大切なので、マンネリが続いている方には多読ペースを取り戻すために読んでもいいですね。

実際の英文をみてみよう!

実際に使用されている英語を3文みてみましょう。
※日本語訳は私が作成したものです。

1. I’m in the middle of something.

Joe, I’m in the middle of something right now.
(ジョー、いま取り込み中なんだよ。)

I’m in the middle of something.「いま取り込み中なんだ」「いま忙しいんだ」という表現です。
ジャマしないで、後にして、と言いたい時に使えます。
便利な表現ですね。

<使い方>
A: Can I talk to you now?(いま話せる?)
B: I’m in the middle of something.(いまちょっと取り込み中なんだよね。)

2.ローマの休日といえばこのシーン!

She bought an ice cream and walked to the famous Spanish Steps.
(アンはジェラートを買い、有名なスペイン階段まで行きました。)

スペイン階段でジェラートを食べるシーン。有名なシーンです。

今はスペイン階段でジェラートを食べるのは禁止されているんですよね。マネする観光客が多いんでしょうね。

このように簡単な英語で描かれているので、情景を描きやすいです。

3. By all means.

By all means, Rome.(なんと申しましてもローマです。)

By all meansは、なんとしても、是非ともという意味。

これはアンのセリフですが、ここで心を掴まれる人は多いのではないでしょうか。

<使い方>
A: Can I come and have a look at your office?
(オフィスにお伺いしてもいいですか?)

B: By all means.
(ぜひともどうぞ)

傑作を英語で読める!

「ローマの休日 Roman Holiday」は、映画を小説に書き換えているので表現が生き生きとしています。

映画をみたことがある人は、オードリー・ヘップバーンの姿を思い浮かべながら読むことができますし、映画をみたことない人も読みやすいです。

何と言っても挿絵がオシャレ!女性受けするようなデザインで、うっとりしてしまいますよ。

私は本を読み終えた後に、どうしても映画がみたくなって映画「ローマの休日」をみてしまいました。やっぱり最高〜!

「ローマの休日 Roman Holiday」は素晴らしい作品です。

映画をみたことがあるならぜひ読んで欲しいですし、みたことがない方は、映画を本を読む前に見てもいいですし本を読み終えて見てもいいですね。

有名な作品ですので、知っていると海外の方と「ローマの休日」の話題で盛り上がれるかも!

本も映画も両方楽しんじゃいましょう。