洋書多読

【多読初心者】伝記を読もう ガンジー・ストーリー(ラダーシリーズ)

多読初心者にオススメのラダーシリーズから、オススメの本を一冊ご紹介します。
ラダーシリーズとは、英語学習者用に単語や文法を限定して編集されレベル分けされた本です。なので多読初心者は手に取りやすいし、続けやすい。多読に挑戦したみたいビギナーにオススメです。
レベルは1から5まであり、レベル1は中学生から読むことができます。

今回は、レベル1の「ガンジー・ストーリー(The Gandhi Story)」のレビューです。

中学レベルでも英語で伝記が読めちゃう!ガンジーが歩んだ壮大な人生を、冒険する気分で読みましょう!

【多読初心者】伝記を読もう ガンジー・ストーリー

おすすめポイント

・英語で何かを学ぶという体験ができる
・ストーリーは長めなので、レベル1でステップアップをしたい方に最適
・あらすじ

英語で何かを学ぶという体験ができる

インド独立の父といわれるガンジーの生涯を、英語で知ることができます。

私はガンジーのことを恥ずかしながらほとんど知らなかったのですが、ガンジーがしてきたことや歩んだ道を学ぶことができました。

英語を勉強していると英語を勉強することに集中してしまいますよね。でも中学英語の勉強を終えたら、英語で何かを勉強することができるようになります

「ガンジー・ストーリー」では、英語でガンジーの生涯やイギリスに支配されていたインドの状況を学ぶという体験ができます。英語で何かを学んできる自分を想像してみてください。ワクワクしませんか?

「ガンジー・ストーリー」は英語を学びながら、新たな教養も身に付けることが出来ます。

ストーリーは長めなので、レベル1でステップアップをしたい方に最適

長めのストーリーなので、レベル1の方で多読体力を付けたい方にオススメです。

100ページありますが、章が短いので読みやすい。キリの良いところで休憩しながら読むことができます。

一週間で読みきることを目標にしてみましょう!

あらすじ

ガンジーは、インドの貧しい人々とともに暮らし、インドの人々の生活を向上すべく各地を渡り歩きました。イギリスによるインド支配に抵抗し続け、何度も投獄され断食をしながら戦い続けました。
ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の融合も目指しました。そして暴力に頼ることなくインド独立の夢を果たします。ガンジーが歩んだ壮絶な人生を、当時の時代背景とともに英語で楽しみましょう。