洋書多読

【多読初心者】マハトマ・ガンジーを英語で知ろう! ラダーシリーズ

みなさん、こんにちは!多読が大好きなケイコです。

今回は、中学英語で読めるラダーシリーズ・レベル1の「ガンジー・ストーリー(The Gandhi Story)」をご紹介します。

恥ずかしながら、私はガンジーのことをほとんど知らなかったのですが、「ガンジー・ストーリー」を読んで彼が人々に訴えたことや考えたことなど、ガンジーの歩んだ道を知って感動しました。

私のようにガンジーのことをよく知らない人でも、大丈夫。わかりやすい英語なので、十分に理解することができます。

ガンジーが歩んだ壮絶な人生を、当時の時代背景とともに英語で楽しみましょう!

英語の難易度

「ガンジー・ストーリー」はラダーシリーズではレベル1で、中学英語レベルで読むことができます。

単語や文章は易しく、ガンジーのことをよく知らない人にもとてもわかりやすいです。
全体的に分量があるので、読書体力をつけたい人にオススメ。

難易度
単語:★☆☆☆☆
文章:★☆☆☆☆

英語力をアップさせながら教養もつけよう

世界的に今、インドの力が強くなってきています。人口が多いこともありますが、インドの方達のIT部門への進出は凄まじい。

アメリカのテレビでも、多くインド系の人たちを目にすることが多くなっています。

海外の方達と仕事をしたり遊んだりするには、世界のことを知っておくとベター。最初は浅く広くても良いので、様々なことを知っているとコミュニケーションがしやすくなります。

ガンジーは世界的に見ても重要な人物。学校の歴史の授業で名前を聞いたことはあっても、どんな人物だったか忘れてしまったり、詳しく知らなかったりしませんか?

「ガンジー・ストーリー」は、ガンジーの生涯を一通り学ぶことができます。

ガンジーは、インドの貧しい人々とともに暮らし、インドの人々の生活を向上すべく各地を渡り歩きました。イギリスによるインド支配に抵抗し続け、何度も投獄され断食をしながら戦い続けました。

ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の融合も目指しました。そして暴力に頼ることなくインド独立の夢を果たします。

「ガンジー・ストーリー」では、ガンジーの生涯だけでなく、イギリスに支配されていたインドの状況を学ぶことができます。インド好きや世界史好きにも楽しく読める一冊です。

歴史を知っていると、海外の方達とのコミュニケーションはスムーズになりますし、旅行も楽しくなります。

せっかく英語を学ぶのなら、人物や歴史を含めた教養も同時に身に付けたいですよね。

多読体力をつけられる

本書は一冊の分量が多めなので、多読体力を付けたい方にぜひチャレンジしていただきたいです。

100ページありますが、章が短いので、キリの良いところで休憩しながら読むことができますよ。

一週間で読み切ることを目標にしてみましょう!

「ガンジー・ストーリー」を読み切る読書体力のある方におすすめなのが、読解力が試される「藪の中」です。こちらも同じラダーシリーズのレベル1です。

レビュー記事を書いているのでぜひご覧ください。
▶︎「藪の中」レビュー記事