ステップ・リーディング

【英語多読】『ピーター・パン』ワクワクが詰まった大冒険とちょっと切ない物語|ラダーシリーズ

ラダーシリーズ・レベル1の『ピーター・パン(Peter Pan)』をご紹介します。


『ピーター・パン』はスコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリーによって書かれたファンタジー小説です。

大人にならない永遠の子どもピーター・パン。

ウェンディたちはピーター・パンと妖精のティンカー・ベルに導かれて、ネバーランドに行くため夜空へと飛び出しました。

ネバーランドでは人魚やインディアンと出会ったり、ロストボーイズと暮らしたり、フック船長率いる海賊と戦ったりといろんな大冒険が待っています。

ワクワクする出来事がある一方で、永遠に年を取らないピーター・パンと、やがて大人になってしまうウェンディたちの、ちょっと切ない物語でもあります。

多読初心者に手に取ってほしい作品、『ピーター・パン』をご紹介します!

レベルと難易度


『ピーター・パン』はラダーシリーズのレベル1で、中学英語レベルで読むことができます。(→ラダーシリーズ紹介記事

英タツ
英タツ
英検4級、TOEIC300から読めるね!
単語 ★☆☆☆☆
文章 ★☆☆☆☆
ストーリー ★☆☆☆☆

【単語】
ピーター・パンならではの単語が出てきます。出てくる単語から冒険のワクワク感を感じることができますよね!

fairy 妖精
shadow
pirate 海賊
poison

【文章】
会話文が多く出てくるため、リズム良く読むことができます。

【ストーリー】
描写がシンプルなため、読みやすく情景をイメージしやすいです。

あわせて読みたい
ラダーシリーズってなに?多読を初めたい方にオススメの洋書多読を始めるのにオススメの【ラダーシリーズ】をご紹介します。 ラダーシリーズとは、IBCパブリッシングが出版している多読のために編...

実際の文章をみてみよう!


実際に出てくる英文を見てみましょう。3つピックアップしました。(※カッコ内の日本語訳はブログ著者が訳しています。)

冒頭の一文

All children, expect one, grow up.(一人を除いて子どもはみんな成長します。)

冒頭の一文です。

この冒頭文、じつは原作とまったく一緒なんです。

ラダーシリーズは英語学習者のために編集されていますが、この冒頭の一文は原文と同一のものが使用されています。

学習者用に単語や内容がやさしい英語に書き直されているものの、このように原作にできるだけ沿って編集されているのは嬉しいですよね。

expect 〜を除いて

ティンカー・ベルの粉はdust

Peter took some dust from Tinker Bell. Then he put a little on each of them.
(ピーターはティンカー・ベルから粉を取りました。みんなに少しずつかけました。)

dustは埃や粉塵といった日本語訳が思い浮かぶかもしれませんが、ティンカーベルの粉は“dust”と表現されています。

dustをふりかけられたことでウェンディたちは空を飛べるようになり、ネバーランドへと旅立ちます。

ピーターとフック船長

Their leader was Captain Hook. Peter said he cut off the captain’s right hand in a fight.
(海賊のリーダーはフック船長でした。ピーターはフック船長の右手を戦いの際に切り落としたと言っていました。)

ピーター・パンとフック船長は宿敵。

フック(hook)船長は左手のフック(hook)とかかったネーミングになっています。

Captain 船長
cut off 切り落とす

あわせて読みたい
【英語多読】ラダーシリーズ レベル1のおすすめ|タイプ別で選べる!興味のある本を読もうラダーシリーズのレベル1から、タイプ別で選べるおすすめの本をご紹介します。 多読を始めてみたくても、どんな本を選んだらいい...




原作もディズニーも楽しもう!


『ピーター・パン』は魅力がたくさんあるので、本書を読み終えてもさらにピーター・パンの世界を楽しむことができるんですよ。

特に私がおすすめする『ピーター・パン』の楽しみ方は2つ。

  1. 原作にチャレンジ!
  2. ディズニー映画と比べよう!

1. 原作にチャレンジ!

原作にもチャレンジしたいと思いませんか。

原作は『Peter and Wendy(ピーター・パンとウェンディ)』。

英タツ
英タツ
英検準1級、TOEIC800からチャレンジできるよ

ストレスなく読める英語レベルとして英検準1級、TOEIC800と少し高めに記載しました。

その理由として、難しい単語がちょこちょこ出てきたり言葉遣いが演劇的に書かれているため、慣れていないと読みにくさを感じるかもしれないためです。

しかし200ページもない短い作品のため、上記の英語レベルでなくても挑戦しやすいです!

しかもキンドルなら100円!!(※2020年購入当時)

価格は変動することがあるので購入前にAmazonで確認をすることをおすすめします。

キンドルの端末を持っていなくても、アプリをダウンロードすればスマホやタブレットで読むことができますよ。

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

 

私は原作をそのまま読むのではなく、オーディオブックAudibleを聞きながら読みました。

最初の3ページを読んだときに「ちょっと読みにくいかも」と思ったので、音声に引っ張ってもらいながら読みたいと思ったんですよね。

オーディオブックと一緒に本を読むのも、多読の楽しみ方の一つですよ。

特に自分の英語力より少し難易度の高い本や読むのにかなり時間がかかるような長編などは、オーディオブックを活用すると音声に助けられて読みやすくなるので、私はよく使っています。(Audibleを使った多読法はこちら。)

原作はピーター・パンの子どもっぽさやフック船長の魅力など、原作でしか味わえない魅力が詰まっています。

『ピーター・パン』をより深く味わいたいなら、ぜひ原作にチャレンジしてみましょう!

レビュー記事→【英語多読】原作にチャレンジ!ピーター・パン『Peter and Wendy』|ピーター・パンは生意気なクソガキ!?

あわせて読みたい
【英語多読】原作にチャレンジ!ピーター・パン『Peter and Wendy』|ピーター・パンは生意気なクソガキ!?ピーター・パンの原作『Peter and Wendy(ピーター・パンとウェンディ)』をご紹介します。 ディズニーア...

2. ディズニー映画と比べよう!


『ピーター・パン』と言えば、ディズニーアニメも有名ですよね。

1953年に公開され、CGなどが使われていない素朴な雰囲気が魅力的です。

ディズニーアニメとラダーシリーズ『ピーター・パン』を比べてみると、面白いんですよ。

描写や内容が違う場面が出てくるので、その違いを楽しむことができます。

アマゾンPrime VideoディズニープラスDVDで視聴が可能。(2022年6月時点)

私はラダーシリーズ 『ピーター・パン』を読んだ後にディズニーを見たので、ディズニーのエンターテイメント性の高さに衝撃を受けました。

ディズニーは原作と全然違うストーリーに仕上げているがありますが、『ピーター・パン』に関しては、原作に比較的忠実に沿ったストーリーに仕上げているなと感じました。

私は小説もディズニーアニメもどちらも好きですね。

ディズニー『ピーター・パン』から日常会話を学ぶこともできますよ。

使える表現がたくさん出てきます!

ディズニー『ピーター・パン』で学ぶ日常会話と名言をこちらの記事にまとめています。

【ディズニー英語】『ピーター・パン』で学ぶ日常会話10選 & 名言3選

ディズニーと小説を比べながら英語力を伸ばしていきましょう!

あわせて読みたい
【ディズニー英語】『ピーター・パン』で学ぶ日常会話10選 & 名言3選ディズニーアニメ『ピーター・パン』で学べる英語表現10選と名言3選ご紹介します。 いつまでも12歳のままのピーター...

まとめ:大人だからこそ読み返したい『ピーター・パン』


『ピーターパン』って子ども向けの本だと思っていたので軽い気持ちで読み始めたんですが、読み終えた時には「大人になるにつれて失っているものがあるかもしれない」と考えさせられる作品でした。

子どものころの想像力を忘れたら、大切なものまで失ってしまうような感覚を再認識させてくれる一冊でしたね。

大人になったからこそ読み直してみるべき作品かもしれません。

ラダーシリーズは英語レベルがやさしく、中学英語でチャレンジできます。

英語は継続がカギ。

ラダーシリーズからスタートして、ディズニーアニメで日常表現を学んだり、原作にチャレンジしてみたりと、学習を広げていきましょう。

それでは!

あわせて読みたい
【中学英語で読める!】ディズニー好きのための英語読書案内 ラダーシリーズディズニー好きのための多読リストをラダーシリーズからご紹介します! ディズニーが好きでかつ英語を勉強したいなら、たっぷりと楽しめる...