英会話スクール

DMM英会話 発音レッスン全50回を受けた感想とレッスン内容のレビュー

私はいまDMM英会話を受講していて、発音レッスン全50回を終えたのでレビューをしたいと思います!

DMM英会話ではさまざまな種類の教材が用意されており、自由に選んで受講することができます。たとえば、最新のニュースでディスカッションができるデイリーニュースや、文法発音語彙強化キッズ英語など。
教材はコチラで確認

私は、「デイリーニュース」などのディスカッションレッスンを受けつつ、発音を強化したかったので発音レッスンを同時並行で受講しました。

DMM英会話の発音レッスン数は、全部で50回。結構多いですよね!

この記事ではDMMの発音レッスンの内容や講師のレベル、受講する価値などの評価をしたいと思います。

さっそく全体評価をすると、
発音レッスンを5段階で評価するなら、ズバリ「4」です
(「1」低評価、「5」超おすすめ、とした場合)

受講して良かったと思っていますが「5」を付けられない理由があります。
そんな理由もあわせてレビューをしますね!

・DMM英会話の発音レッスンの内容
・なぜ評価「4」なのか
・こんな人におすすめ

DMM英会話の発音レッスンの内容

実際のレッスンの内容をご紹介します。

セクションは4つ

1回のレッスンにつき、セクションは4つに分かれています。

発音の練習

まず、レッスンのターゲットとなる音の口の形の説明がされます。
その後にその音が入った単語を練習します。通常16個の単語が登場。

たとえばレッスン1から抜粋するとこんな感じ。
レッスン1では、母音の/ʌ/の音を練習します。/ʌ/が含まれている単語はこんなものがあります。

fun
mud
love
blood

/ʌ/に集中しながら講師の後をリピートします。

うまく発音ができないと、講師が「舌の位置はこうだよ」「唇はこんな形にして」と指示をしてくれます。

わかりやすいように口元をアップにして説明してくれる講師もいました。

文章の練習

音の出し方がわかったところで、今度はターゲットの音が入っている単語を含む文章を読んでいきます。

短い文章なので、ターゲットの音に集中しつつ講師の後をリピートします。
たとえばこんな感じ。

Robert is my brother.
She is his cousin.
Do you have an umbrella?

単語だけだときちんと発音できている音でも、文章になるといつもの自分のいつもの発音になってしまったりするんですよね。

ここでは、文章になっても正しい音で言えるように訓練をします。

音探し

発音する練習をしっかりとしたところで、今度は音探しです。

単語を読みながら、ターゲットの音を見つけられるかちょっとしたゲーム感覚のセクション。

たとえばこんな感じ。母音の/ʌ/を探しましょう。

love
lonely
life
apple

ラブ、ロンリー、ライフ、アップル。カタカナにするとこうなりますね。
日本語では「ア」と認識する音でも、英語だと/ʌ/、/ɑ/、/æ/など実は違いがあるんです。これが難しい!

講師に発音してもらって自分でも発音して、音を見つけますが結構苦戦します。。。

なかなか楽しいセクションですよ。

早口言葉

レッスン21からは早口言葉がスタート。

これまでに学んできた発音を定着させながら、早口言葉にチャレンジです。

たとえばレッスン21ではこんな早口言葉。

Pick cherries at their peak or Pete will see the pits.

なんだかピッピピッピうるさいですが、早く言えるようになると快感になります。

ときに口をこんがらがらせながら「きゃ~私も言えないわ!」と講師も必死になって挑戦します。

「私もムリ!」「難しすぎ!」と、お互いに言い合って笑いが生まれたりします。

レッスンを重ねるごとに文章は長くなっていきます。

全50回の内容とは

50回のレッスンは下記のようになっています。

最初に母音に集中し、その後に子音、二重母音を学習。

それが終わったら、今までに学んだことを活用しながら音を比較しながら練習します。

1~6:母音
7~18:子音
19、20:二重母音
21~50:単語の意味を変えてしまう音のペア

なぜ評価「4」なのか

全体的に発音レッスンは楽しいです!

発音に特化したレッスンなので、今まで気づかなかったことを学べますし何よりも自分の発音がより良くなります。

私の体験をもとに感想をご紹介します。

・私の受講レッスンと感想
・ここがおすすめ
・受けるべきはレッスン1から20
・ここがイマイチ

評価を「5」にできない、いまいちポイントも記載していますので参考にしてみてください!

私の受講レッスンと感想

アメリカ人講師を選ぶ

私はアメリカ英語を学んでいるので、発音のレッスンは必ずアメリカ人講師を選択しました。

出来るだけさまざまな講師に出会いたかったので、毎回違う講師を選ぶようにしていました。

もし「この人だ!」という講師がいたら、連続で受けようという感じでした。

一人だけ、私に合った講師に出会うことができたので、何度か受講しましたね。その講師はそのレッスンのターゲット発音以外にも、間違った発音があれば訂正してくれるなど、指摘が細かいしアドバイスも的確でした。

講師と自分の予定が合わないことも多かったため、連続で受けることはできませんでしたけどね。

みなさんも、発音レッスンを受ける場合は、自分がどこの国の英語の発音をマスターしたいか決めて、その国の講師に絞るようにしましょう。

発音と一言に言っても、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアで異なります。

ちゃんぽんしない方がいいですね。

イギリス英語ならイギリス人講師、アメリカ英語ならアメリカ人講師だけを選択しましょう。

受けて良かった

50回受け終わり現在感じていることは、発音はさらに良くなったということですね。

以前に増して「アメリカに住んでたの?」「すごく上手だけど、どこで英語覚えたの?」とネイティブの方から発音を褒められることが増えました。

私は発音以外にも「デイリーニュース」も受けているので、発音レッスンで学んだことを「デイリーニュース」のレッスンで実践していました。

発音レッスンのみを受けていても使う場がないと練習できないので、他の教材と組み合わせて受講したのはとても良かったです。

ここがおすすめ

ターゲットになる音を25分間みっちり学べる

学校でも英会話スクールでも、発音に時間を取ることはあんまりないですよね。

DMM英会話なら、25分間ひたすらターゲットの音を練習します。だから発音練習にどっぷり浸かることができます。

コース料金はコチラから確認できます。

ターゲットになっている発音をものにしてやる!という気持ちで臨めば、濃厚なレッスンにできますよ。

マンツーマンなので、とことん質問できる

DMM英会話の良いところの一つに、マンツーマンレッスンであることが挙げられます。

マンツーマンなので、自分の好きなようにレッスンをアレンジできちゃう。

いまいちわからない発音があった場合、「よくわからない」「違いがわからない」「舌の位置ってどうなってる?」と質問をバンバンしましょう。

絵に描いて説明してくれたり画面に口をアップにしてくれたり、講師はいろんな角度から説明をしてくれます。

わかったフリをせずに、わからないことは堂々と「わからない」と言いましょう。

講師が自分のためだけに説明をしてくれるので、いままでフワフワとなんとなくわかったつもりになっていたことや、モヤモヤしていた内容がスッキリ解決します。

「この単語って、こんな発音だったんだ!今まで間違えて発音してた。」という発見が毎回ありました。発見があるからそれがモチベーションになって50回続けることができたということが、私の場合ありましたね。

受けるべきはレッスン1から20

私は全50回受けましたが、正直なところ全部を受講する必要はないですね。

オススメのレッスンはレッスン1からレッスン20です。レッスン1からレッスン20では母音と子音を学びます。

母音と子音をしっかりやりやれれば、発音はかなり向上します。

教材は事前に確認できるので、レッスン前に内容を見てみて「自分に必要なレッスン」だけをチョイスするのもいいですね。

ここがイマイチ

発音の教え方を学んでいない講師

講師の質にムラがあります。これが大きなマイナスポイントです。

私は今までずっとアメリカ英語を学んできているので、発音はアメリカで統一したかったため、全てアメリカ人講師を選択しました。

アメリカ人講師の場合、ネイティブというだけで講師になっている人が多いので、発音を教えることを学んでいない講師はいます。

だから発音を教えられない講師がいるのは事実。

そもそも発音記号を読むことができない講師はいました

たとえば、/ʊ/ 、/θ/ 、/ð/など。

これらの発音記号が、何の音なのかをわかっていないなんてこともしばしば。

その場合、ごまかしてる人もいれば、登場している単語からその場で音を推測して理解している講師もいました。

ターゲットの音をイマイチ理解できていない講師は、教材に書いてある単語と文章を読むだけだったりします。

ただリピートするだけのレッスンになることもあり、満足度が低くなることもありましたね。

矯正しない「なんでもオッケー」講師

矯正をしてくれない講師もいました。

「だいたいできていればOK」みたいな感じのテキトー講師はいます。

レッスン前に「できるだけ細かく直してね」とお願いしていても、こちらの要望通りにできない講師はいましたね。

レッスンは25分ですが、15分程度で終わってしまう場合もありました。ただ教材を読んで生徒がリピートしているだけなので、あっという間なんですよね。

きちんと注意してくれる講師だと、25分みっちり使うか、もしくは足りない時もありました。

 

講師選びは正直難しかったです。受けてみないと講師の質なんてわからないですからね。

DMM英会話だと、ネイティブ講師は発音を教えるプロ集団ではないので、その点で講師の質にムラがあります。この点で、おすすめ度は「4」です。

こんな人にオススメ

ネイティブに近い発音で話せるってカッコイイですよね。
発音レッスンはこんな人におすすめです。

・発音レッスンを受けたことがないので受けてみたい
・ある程度話せるようになってきたので、発音も向上したい
・発音だけ集中してレッスンを受けたい

無料体験レッスンでも発音レッスンを受けることはできます。無料体験の場合、非ネイティブのレッスンになるので、注意してください。ネイティブを希望する場合はネイティブレッスンのチケットを購入する必要があります。
体験レッスンはこちら

無料体験で発音レッスンを受けたい場合は、予約時にレッスン希望を出せるので、「発音」を選んでください。

教材は入会をしていなくても閲覧することができます。実際の発音教材を見てから、受講できるのは安心ですね。
教材をみてみる

無料体験レッスンのレビュー記事を書いています。無料体験では非ネイティブ講師のため発音レッスンは受けませんでしたが、ネイティブチケットを購入したときに発音を受講しています。受けようか迷っている方はぜひご覧ください。
無料体験レビュー記事

よりスムーズなコミュニケーションをするには、聞き取りやすい英語を話すことがポイント。聞き取りやすい英語とは、日本人特有のアクセントが少ない英語です。

発音にこだわる必要はありませんが、自分の英語をレベルアップさせたいのなら発音レッスンを受講することをおすすめします。

私は今まで使用した教材を使いながら復習を続けています。一緒にがんばりましょう!

私はDMM英会話の発音レッスンの前に、ドクターDイングリッシュの発音矯正を受講しています。値段はDMM英会話と比べると高いですが、本気で矯正したい方にはとてもおすすめです。
レビュー記事を書いていますので、ぜひ読んでみてください。
レビュー記事