洋書多読

【多読初心者】英語で相対性理論を理解しよう!アインシュタイン・ストーリー(ラダーシリーズlevel1)

多読初心者にオススメのラダーシリーズから、オススメの本を一冊ご紹介します。
ラダーシリーズとは、英語学習者用に単語や文法を限定して編集されレベル分けされた本です。なので多読初心者は手に取りやすいし、続けやすい。多読に挑戦したみたいビギナーにオススメです。
レベルは1から5まであり、レベル1は中学生から読むことができます。

今回は、レベル1「アインシュタイン・ストーリー(The Albert Einstein Story)」のレビューです。

アインシュタインが歩んだ道のりを知れるのはもちろん、相対性理論の内容も英語で理解できるように書かれています。物理が好きな人に超オススメ!

総単語数は9,480語

【多読初心者】英語で相対性理論を理解しよう!アインシュタイン・ストーリー

おすすめポイント

・英語で相対性理論を理解できる
・レベル1の中では難易度高い
・伝記好きは押さえたい一冊
・あらすじ

英語で相対性理論を理解できる

アインシュタインといえば相対性理論ですよね。

本の中でも相対性理論の説明がちゃんとされています。

相対性理論を英語で理解してみましょう。

「難しそう!」と思うかもしれませんが、平易な英語で説明されているので大丈夫。

英語はコミュニケーションツールなので、英語で何かを学ぶという体験を「アインシュタイン・ストーリー」ではできます

レベル1の中では難易度高い

文法は中学レベルで構成されていますが、単語が難しいです。
物理にちなんだ単語がごろごろと出てきます。

Euclid ユークリッド原論
quantum physics 量子物理学
energy and matter エネルギーと質量
molecules 微粒子

単語のレベルが高いので、単語の意味がわからずストレスを感じやすいかもしれません。

物語がスタートする前に単語リストが掲載されており、読みながら意味を確認することができます。

物理系の大学生にもオススメです。自分の興味のある分野の英語を読めば、英語力アップも知識も増やせます。

伝記好きは押さえたい一冊

偉人が歩んだ道を知れる伝記って面白いですよね。

伝記を読んだのは小学生以来という人もいるのではないでしょうか。

アインシュタインの相対性理論は、現代でも活用されています。教養としてもアインシュタインの事をしておくといいですね。

どうせなら英語で勉強できれば一石二鳥。ラダーシリーズなら、中学レベルの知識で読むことができます。

アインシュタインに興味のある方は、ぜひエジソンもオススメします。
エジソン伝記のレビュー記事

あらすじ

2歳になっても言葉を話さず空想することが好きだったアインシュタイン。コンパスに興味を持ってから自然界への探究心が芽生える。そして見出した相対性理論。物理で世界平和を願っていたアインシュタインの困難な人生。ハラハラとドキドキが詰まっています。