洋書多読

【英語多読】ラダーシリーズ レベル1のおすすめ(タイプ別で選べる!)

みなさん、こんにちは!多読が大好きなケイコです。

今回は、ラダーシリーズのレベル1からおすすめをご紹介します。

「多読を始めたいけど、どんな本を選んだらいいかわからない」
「英語の本の選び方がわからない」

こんな風に洋書を読んでみたいけど、本選びで迷っていませんか?

この記事では、洋書を読んだことがない方のために、5つのタイプに分けてご紹介します。

5つのタイプはこちら↓

1. 英語は苦手だけど多読にチャレンジしたい
2. 童話やファンタジーが好き
3. 日本文学が好き
4. ノンフィクション(伝記)が好き
5. スキマ時間に読みたい
・多読を習慣化したい

それぞれのタイプ別にオススメの本をピックアップしました!

タイプ別!レベル1のおすすめ本!

1. 英語は苦手だけど多読にチャレンジしたい
2. 童話やファンタジーが好き
3. 日本文学が好き
4. ノンフィクション(伝記)が好き
5. スキマ時間に読みたい

英語で本を読むのはかなり気力や読書体力が必要なので、好きなジャンルや興味のあるものから取り組むのがいいですよ。

1. 英語は苦手だけど多読にチャレンジしたい

英語は苦手だけど、洋書を読んでみたいあなた。
洋書のペーパーバックを楽しむために、初めの一歩を踏み出しましょう。

◼️絵で読む英語
英語を英語のまま理解できるようにイラストが手助けしてくれます。
まずはこの一冊から初めてみましょう。

◼️ごんぎつね
新美南吉の「ごんぎつね。」
非常に易しい英語で書かれているので読みやすいです。

◼️手袋を買いに
「ごんぎつね」と同じ作者である新美南吉の作品です。
「手袋を買いに」も簡単な英語で書かれていますし、短いので挫折しにくい作品です。

2. 童話やファンタジーが好き

童話やファンタジーって、読んでいてワクワクしますよね。
楽しみながら読める三冊をピックアップしました。

◼️美女と野獣
ファンタジーの世界にのめり込んでしまいますよ。

◼️ピーター・パン
ドキドキしながら読める一冊です。
英語で読みながらピーター・パンの世界に入り込みましょう!

◼️グリム・クラシックス
『ヘンゼルとグレーテル』『かえるの王子』など、グリム童話の5篇を読むことができます!
メルヘンの世界を楽しみましょう。

3. 日本文学が好き

レベル1では日本文学を英語で楽しむことができます。
日本の情景を英語で読んでみると、とても不思議な感覚になります。
ぜひ読んでみてください!

◼️鼻
夏目漱石の「鼻。」
教訓も含まれていて、読後感が良いです。

◼️藪の中
芥川龍之介の作品。読解力が試される一冊です。
レベル1の中ではレベル高め。チャレンジしてみましょう!

◼️よだかの星
宮沢賢治の「よだかの星。」考えさせられる作品です。

4. ノンフィクション(伝記)が好き

レベル1は伝記が3つあります。
英語力だけでなく、教養力もあげましょう!

◼️アインシュタイン
相対性理論も英語で理解できちゃう素晴らしい本です。

◼️エジソン
エジソンが世の中にもたらした功績をじっくり味わうことができます。

◼️ガンジー
ガンジーが歩んだ壮絶な人生を英語とともに楽しみましょう。

5. スキマ時間に読みたい

毎日忙しくて、ゆっくり読書なんてしていられない、というあなた。
スキマ時間に多読ができたら最高ですよね。
そんなあなたには、章が細かく分かれている本を選ぶのがベスト!

◼️日本昔話1、日本昔話2、日本昔話3
昔話を英語で読むって面白いんです。
桃太郎や、カチカチ山、一寸法師を英語で読むと、不思議な感覚になります。
一話な長くないので、読みやすいですよ。

◼️イソップ物語
「狼と少年」「ウサギとカメ」など30話が収録されています。短いストーリーだと2ページ程度のものもあって、スキマ時間に読むには最適。

まずは一冊読んでみよう

多読は、英語力だけでなく本を読むことで情報を得たり教養力をつけたりすることができます。

最初は何を選んだら良いかわからないことが多いと思いますが、まずは一冊選んで読んでみましょう。

キンドルだと試し読みができるので、気になるものはダウンロードしてみるといいですよ。

ラダーシリーズのレベル1は、中学英語のレベルで読めるように編集されていますので、多読をスタートさせたい方におすすめです。

まずは一冊読んでみてください。一冊読んでみると、読みきった爽快感や満足度が出て、また次の本を読みたくなるはずです。

一歩ずつ前に進めるように、ラダーシリーズを使って、多読ライフをスタートさせましょう!