洋書多読

【多読初心者】ディズニー好きにオススメ!ピーターパンを読もう

多読初心者にオススメのラダーシリーズから、オススメの本を一冊ご紹介します。
ラダーシリーズとは、英語学習者用に単語や文法を限定して編集されレベル分けされた本です。なので多読初心者は手に取りやすいし、続けやすい。多読に挑戦したみたいビギナーにオススメです。
ラダーシリーズのレベルは1から5まであり、レベル1は中学英語から読むことができます。

今回は、レベル1の「ピーター・パン(Peter Pan)」をご紹介します。

ディズニーでもおなじみの「ピーター・パン」。「ピーター・パン」はイギリス・スコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリーによって書かれた戯曲です。世界の名作を易しい英語で読んじゃいましょう!

総単語数:8,040語。

【多読初心者】世界の名作を読もう!ピーターパン

おすすめポイント

・ファンタジーの世界を英語で十分堪能できる
・描写はさらりとしていて読みやすい

ファンタジーの世界を英語で十分堪能できる

ピーター・パンはファンタジーの世界そのものです。ティンカーベルが出てきたり、空を飛んだり、海賊と戦ったり、時計の音がするワニが現れたり。

ワクワクやドキドキが詰まっていて、読む手が止まりません。ファンタジー好きなら多読初心者でもスラスラ読めます。

英語で本を読むのは初めてという方にとってもオススメ!

英語力に自信のない方でも、文法や語彙の勉強をしながら同時並行で読むのもいいですよ。

描写はさらりとしていて読みやすい

描写はさらりと書かれているので、読みやすいです。読みやすい反面、物足りなさを感じる人はいるかもしれません。物語のなかに深く入り込めるほどの描写はない感じ。

もし「ピーター・パン(Peter Pan)」を読んで、「もっと詳しく書かれていたらより楽しめたのに」と思った方は、十分な英語力があるのでレベル2に上がってOK。次に進みましょう。

楽しみながら進めるのが多読を続ける秘訣!

ピーター・パンの世界ってドキドキしますよね。読み終わった後も、ワクワク感が続きます。しかも英語で読んだのであればなおさら!「英語で読み切った!」という充実感がプラスされて、読後感がとても良いですよ。

多読は続けるのが大事。続けていくと語彙力や文法力が上がり、それが読解力向上に繋がります。多読を続けるには、面白い本を探し当てて読んでいくことがポイント。
でも面白い本って読んでみないとわからないので、多読を続けるって結構大変だったりするんです。

「ピーター・パン(Peter Pan)」なら、シンプルな英語なので読みやすいしストーリーも素晴らしいので、多読のはじめの一冊にも適切ですし数冊読んで多読に疲れてきた方にもおすすめです。

ディズニーの「ピーター・パン」を本を読む前や後に観てもいいですね!私は、本を読んだ後に映画を観ちゃいました。

多読を継続するためにも「ピーター・パン(Peter Pan)」をぜひ読んでみてください!