洋書多読

【多読初心者向け】日本文学を英語で読もう 6作品紹介します!

多読を始めるにあたって迷うのが、本選び。どんな本を選んだら良いかわからないですよね。
この記事ではラダーシリーズのレベル1から、日本文学を英語で読める6冊をご紹介します。

ラダーシリーズとは、英語学習者用に易しい単語や文法を使って編集しレベル分けした本です。なので多読初心者は手に取りやすいし、続けやすい。多読に挑戦したみたいビギナーにオススメです。ラダーシリーズのレベルは1から5まであり、レベル1は中学英語から読むことができます。

ご紹介する6冊はコチラ!

・ごんぎつね
・手袋を買いに
・日本昔話
・走れメロス
・鼻
・薮の中

ごんぎつねや昔話など幼少期に読んだことがある作品や、芥川龍之介や太宰治の有名作品があります!

今回ご紹介するのは、すべてラダーシリーズのレベル1ですが、さらに難易度を3つの段階に分けてご紹介します。

3つの段階に分けた基準はこんな感じです。

レベル★ 英語の本を初めて読む超初心者
レベル★★ 英語を読むことに慣れていきたい人
レベル★★★ 内容をきちんと理解しながら着実に読んでいきたい人

ではさっそくご紹介します!

日本文学で多読を始めよう!

レベルの易しい順にご紹介します。

レベル★ ごんぎつね

「ごんぎつね」は、内容が易しいのでとても読みやすいです。

今まで小説や物語を英語で読んだことがない方におすすめ。ゆっくりじっくり読むのに適しています。

ごんぎつねってちょっと悲しい物語なんです。初心者向けの本で英語で感動できる本はなかなかないので貴重な一冊です。

▶︎「ごんぎつね」レビュー記事

レベル★ 手袋を買いに

「ごんぎつね」と同じ著者である新美南吉の「手袋を買いに」も同様に、超初心者向けの一冊です。
心がほっこりするような内容で、ゆっくりと読み進めることができます。

▶︎「手袋を買いに」レビュー記事

レベル★★ 日本昔ばなし

一話が短いので、一日一話読むことができる昔話は、多読を習慣化させたい人におすすめ!

▶︎「日本昔話」レビュー記事

レベル★★ 走れメロス

とにかくテンポが良い!
読みやすい。

▶︎「走れメロス」レビュー記事

レベル★★ 鼻

「鼻」を英語で楽しめます!

▶︎「鼻」レビュー記事

レベル★★★ 薮の中

薮の中はラダーシリーズのレベル1の中では少し難しめです。
その理由は、物語の内容。証言者の言っている事に食い違いが発生しているので、それを英語できちんと理解していく必要があります。そのため、読解力が必要。

▶︎「薮の中」レビュー記事

興味があるものから読み始めよう!

読んでみたいと思える一冊があったら、ぜひトライしてみましょう!
今回はレベルを3つに分けましたが、読みたい作品があれば積極的に読んでみることをオススメします。

もしキンドルを持っているなら、サンプルをダウンロードしてみて冒頭部分を読んでみてください。自分が思っているよりスラスラ読めるかもしれません。

多読を始めるには、まず読み切れるボリュームの本を選ぶのがおすすめ。なぜならいきなり分厚いペーパーバックに挑戦すると挫折する可能性が大きいからです。ラダーシリーズなら英語学習者用に編集がされているので、気軽に始められます。気になる作品があったら、ぜひ読んでみてください!多読の虜になっちゃいますよ!